• fluct

  • 滝沢カレンの“レシピ文学”が書籍化 爆笑と感動を呼んだ「唐揚げ物語」も収録

    2020年02月28日
    くらす
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    「お醤油を全員に気付かれるくらいの量、お酒も同じく全員気付く量、乾燥しきった粒にみえる鶏ガラスープの素をこんな量で味するか?との程度に、ふります」

    「キャピキャピ音が高くなってきたらほんとに出してくれの合図」

    「お砂糖を笑わない量ギリギリ入れる」

    滝沢カレンさんがInstagramで公開している“料理のレシピ”が、「言葉のセンスが最高すぎる」「良い小説読んだくらいの満足感」と話題を呼んでいます。

    そしてこのたび、そんな滝沢さんのレシピが書籍化。『カレンの台所』というタイトルで、4月7日(火)にサンクチュアリ・パブリッシングから発売されることになりました。

    収録予定のレシピは、鶏の唐揚げ、ハンバーグ、中華丼、豚の生姜焼きなど全30品。

    冒頭で紹介したような独特な表現ではありますが、不思議なのが、その通りにやってみるとちゃんとおいしくできること。専門用語は一切なし、調味料の分量も感覚的なのですが、それがかえってわかりやすく、覚えやすくもあるのです。

    「生姜すりおろしか、チューブを鶏肉ひとつにアクセサリーをつけるくらいの気持ちで」

    まるで物語のような詩的な表現ですが、なんとなくどれくらいかわかりますよね。

    読んで楽しい、作っておいしい“レシピ文学”。本ではイラストによる補足説明もついているので、さらに実用性が増しています。

     

    『カレンの台所』試し読み公開中! 第1弾はサバの味噌煮

    滝沢カレンの“レシピ文学”:身体が一切迷惑がらない「サバの味噌煮」(『カレンの台所』より)

    試し読みアーカイブはこちら

     

    書籍情報

    カレンの台所
    著者:滝沢カレン
    発売日:2020年04月
    発行所:サンクチュアリ出版
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784801400757

    掲載レシピ(全30品予定)
    鶏の唐揚げ/ハンバーグ/サバの味噌煮/グリーンカレー/トンカツ/中華丼 ドレスオムライス 豚の生姜焼き/ピーマン肉詰め/ロールキャベツ 春巻き など

    著者プロフィール
    滝沢カレン
    1992年5月13日生まれ、東京都出身。
    趣味は、海外旅行、料理。
    特技は、ヒューマンビートボックス。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る