• fluct

  • 「自衛隊体操」のコツがDVDでわかる!5分で効果ありの最強エクササイズ

    2020年01月02日
    くらす
    花森リド:講談社BOOK倶楽部
    Pocket

    たった5分で凄い効果!自衛隊体操公式ガイド
    著者:自衛隊体育学校
    発売日:2019年10月
    発行所:講談社
    価格:1,430円(税込)
    ISBNコード:9784065169124

     

    パンチが効いているのに続けられる体操

    「毎朝“ラジオ体操”をするようになって、メイクさんに褒められるようになりました」と、とある女優さんが発言されていた。おおっ!? と思い、挑戦してみたものの、まったく続かず。たしかに血行は良くなるけれど「もう少しスッキリした何か」がほしかったのです。

    そんなニーズにぴったりだった『自衛隊体操 公式ガイド』についてご紹介します。自衛隊の広報動画などでも公開されている「自衛隊体操」の公式ガイドブックです。

    コツを網羅したDVDつき。めちゃくちゃ大きく書かれた「自衛隊体操」の文字と、精悍な自衛官の皆さんたち……この絵がすごく好きだ。

    そもそも「自衛隊体操」は何なのかというと、徒手体操(器具を使わず自由に身体の各部を動かして行う体操)のひとつで、昭和27年頃に考案されました。現在も陸上自衛隊と航空自衛隊の体操として採用されています。

    いかにも強そうな名前ではあるけれど「身体の調和的発達と健康の維持・増進を図る」ことが目的の5分間の体操なので、誰がやっても大丈夫。ピアノ伴奏と号令に合わせておこなうので、めちゃ叱咤されながら頑張るブートキャンプ感もなし。でも極めようとすると難しい。そして「効果」あり。

    まずは通しでやってみてください。「ふーん、ラジオ体操みたい……じゃ、ないぞー!?」と楽しくなります。

    「体調が整う」って、つまり「メンタルが整う」に通じるのだなとしみじみ実感しました。

     

    この体操、やる気が出る……!

    まず、私が感じた「効果」について。私はふだんジムで強度高めの筋力トレーニングをしています。でも家ではデスクワークとTVゲームが中心。しかもデスクワークに取り掛かるのがめちゃ遅い。「やる気は、出るのを待っていても出ない」と知っているのに。

    最初は「血行をよくしたい」くらいの気持ちで挑戦した自衛隊体操だったのに、この「やる気が出ない」にも本当によく効いたんです。約5分の自衛隊体操が終わる頃には「っしゃー!」みたいな謎のガッツが毎回わく。そのあとの家事や仕事、めちゃ捗る。大変重宝しています。

    強度は「ラジオ体操以上、筋トレ未満」とのことなので、試しにApple Watchで心拍数を測ってみました。

    私が自衛隊体操をフルバージョンでやった場合、1分間あたりの心拍数は最大115で、平均は93。筋トレや有酸素運動で一番しんどい時が135くらいなので、確かに自衛隊体操は「いい感じにハード」です。息が少し上がって、汗ばんで、血行が良い状態。

    ビシッとした号令に合わせて全身をくまなく動かすこと、その動作に飽きる前に次の動作に移ること、そしてこの「いい感じにハード」な強度が「やる気」に作用しているのだと思います。

     

    駐屯地に閉じ込めておくには惜しすぎる!

    次に、「公式ガイド」の大切さについて。YouTubeの広報動画を見れば「自衛隊体操」はマスターできるんじゃない……? とお考えの方もいるかもしれませんが、ちゃんと実行するには、DVDに収録されている「自衛隊体操 ポイント解説」を絶対見たほうがいいです。

    「今のは何ですか!?」みたいな謎のスパイス的動作が時々あるんですよ。「腕屈伸膝半屈」とか。

    コツを遵守して「マッスルターゲット」を意識しながら動くと、めっちゃしんどい。教官のワンポイントで「自衛隊体操を洗練させる」こともできますし、「“この動き”ができない場合」のフォローもあります。親切! 解説をおこなう柴田勉〈3等空佐〉の口調も「“つなぎ” につきましては……」といったようにハキハキと丁寧で背筋が伸びます。

    私は、一連の動作の中で「全身の関節をフルで動かすこと」と「つなぎ」が難しかったです。たくましいのに優雅。ダンスのよう。

    さらに、「計画性」について。「続けろ!」と言われて続けられる人は少ないです。そこのフォローも本書には備わっています。「フルバージョン(5分)」に加えて「ショートバージョン」、「シェイプアップバージョン」、「ストレッチバージョン」という2~3分のプログラムが用意されています。

    プラン例を見ると「いけそう」と思える(私は仕事前に喝を入れたくてしょうがないのでエナジードリンクがわりにフルバージョンを朝もしくは夜にやっています)。

    本書は、自衛隊体操について「本物の強さを手に入れよう!」「駐屯地に閉じ込めておくには惜しすぎる!」と熱く熱く語りかけてきます。同時に「道具も武器も用いず自らを鍛錬し、ピアノ伴奏に合わせて仲間と行う自衛隊体操には、日々への平和の祈りが込められている」とも述べられていて、そのあたりのことも思い描きながら体を動かすと、70年近い歴史を持つ自衛隊体操の良さがしみじみ伝わってくるので、ぜひいい汗と一緒に体感してほしいです。

    (レビュアー:花森リド)


    ※本記事は、講談社BOOK倶楽部に2019年11月7日に掲載されたものです。
    ※この記事の内容は掲載当時のものです。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る