• fluct

  • ベストセラー『東大読書』の著者が伝授する「頑張らずに集中する」方法【総合3.5】

    2019年12月14日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    東大集中力
    著者:西岡壱誠
    発売日:2019年09月
    発行所:大和書房
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784479797012

     

    『東大集中力 やりたくないことも最速で終わらせる』の要点

    1.真の集中とは、我慢も無理もせず自然に集中している状態のことをいう。そのためには、集中するべき物事に「前のめり」になる必要がある。

    2.集中するためには、まず前のめりになる対象を1つに決めること。その上で、数字を用いて目標設定することが効果的だ。

    3.前のめりの姿勢で集中し続けるには、とにかくアウトプットをしていくことである。アウトプットを振り返れば、自分が本当に集中できていたかどうかをチェックすることも可能だ。

     

    『東大集中力 やりたくないことも最速で終わらせる』レビュー

    18万部を突破した『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』の著者、現役東大生の西岡壱誠氏が、「集中力」をテーマにして書いたのが本書である。

    東大に合格する人の集中力というと、普通の人には真似できないようなハイレベルなものを想像するかもしれない。もしくは、子どもがスポーツやテレビゲームに夢中になるように、勉強が好きで仕方ないからこそ集中できるのだろうと考えていないだろうか。

    だが、勉強が好きだからといって、東大に合格できるというわけでもない。東大に合格できるかどうかは勉強の好き嫌いではなく、入学試験の結果次第だからだ。実際に著者も、勉強は嫌いだったようである。小学校の時には集中力がなく、「三日坊主」というあだ名をつけられるほどだったとも語っている。

    つまり「勉強が好き」と「高い集中力」と「東大合格」は、実はイコールではない。ただ一つ確かなこととしていえるのは、東大に合格した人は、高い集中力で勉強に取り組むことができたということくらいだろう。では東大合格という結果を出した人は、高い集中力をどのように発揮しているのか。本書はそれを考えるにあたり、本人の「好き」という要素を切り離して分析した試みといってよい。

    その結果から理解できることは、東大生のような高い集中力は、本当は誰でも発揮できるということである。あなたも本書を読めば、副題にあるように「やりたくないことも最速で終わらせる」集中力を身につけられるはずだ。

    『東大集中力 やりたくないことも最速で終わらせる』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『東大集中力 やりたくないことも最速で終わらせる』が気になる方におすすめ

    「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく東大読書
    著者:西岡壱誠
    発売日:2018年06月
    発行所:東洋経済新報社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784492046258

     

    関連記事

    偏差値35から東大に合格した著者による「自分の頭で考える力」を磨く読書術とは!?『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る