• fluct

  • 「よく考えなさい」って言われても……『問い続ける力』の達人たちから“考え方”のヒントを学ぶ【総合3.8】

    2019年08月31日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    問い続ける力
    著者:石川善樹
    発売日:2019年04月
    発行所:筑摩書房
    価格:968円(税込)
    ISBNコード:9784480072207

     

    『問い続ける力』の要点

    1.世の中には、2種類のタイプがいる。1つは、すでに得られている定説を参照して答えを求める「では派」。もう1つは、「△△とは何か?」と問い続け、新たな知識を創り出す「とは派」である。

    2.一流と呼ばれる人は、物事の本質に迫るプリミティブな問いを立て、そこから考え始める傾向にある。

    3.「○○とは何か?」「いかにして……」の順で考えを進めると、これまでとは違った発想を展開できる。

     

    『問い続ける力』レビュー

    「よく考えなさい」と言われた経験は誰しもあることだろう。しかし、「よく考える」とは具体的に何をしたらいいのか。明快な解を持っている人は多くはないだろう。

    著者の石川善樹氏は、予防医学の専門家であり、「考える」ことを生業にしている。しかし、本人によると、自分は長らく「では派」であり、考えることを避ける傾向にあったというのだ。「では派」とは、「○○では」と、すでに得られている定説を参照して答えを求める人たちのことを指す。それに対して、「△△とは何か?」と問い続け、新たな知識を創り出す人たちは、「とは派」と定義される。常に問い続けなければならない「とは派」の道は、苦しみに満ちている。しかし、情報に頼らず自分の直観を頼りに一歩ずつ進んでいく。著者は、そんな「とは派」の生き方に憧れていた。本書は、そんな著者の「問い」をめぐる旅の記録である。

    本書は二部構成になっている。前半では、著者の経験や著名人の思考法、研究結果を交えながら、「問う」ことについて掘り下げていく。後半では、著者が知り合った「とは派」の人々、つまり問い続ける達人たちとの対談が収録されている。いずれも知的好奇心をくすぐる内容だ。

    もちろん「考えるとはこういうことだ」と明確な答えが示されるわけではない。それは読者が自ら考えなければならない。しかし、とことん問い続ける姿勢や、問いを創り出す際の着眼点など、人生やビジネスに活きる、数多くの学びを得られることだろう。“Think Different”の世界へようこそ。

    問い続ける力 』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『問い続ける力』が気になる方におすすめ

    考えるとはどういうことか
    著者:梶谷真司
    発売日:2018年09月
    発行所:幻冬舎
    価格:924円(税込)
    ISBNコード:9784344985148
    入門『地頭力を鍛える』32のキーワードで学ぶ思考法
    著者:細谷功
    発売日:2019年08月
    発行所:東洋経済新報社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784492557884




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る