• fluct

  • 堅実に1億円を稼ぐ方法!?『お金儲け2.0』は与沢翼の運命を変えたブロガーによる最先端のビジネス書

    2019年07月19日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 吉田
    Pocket

    ブログ「世界を旅する年収1億円ブロガー」を運営する川島和正さん。世界中を旅行しながら、1日40万円以上、10年連続で年収1億円を稼いでいるカリスマブロガーです。

    メールマガジンやアフィリエイト、オンラインサロンがビジネスとして確立していなかった頃に事業化。2011年には、ビジネス戦略やマインドセットなどを伝える「川島塾」を設立し、多くのミリオネアとビジネス書の著者を輩出しました。あの「秒速で1億円を稼ぐ男」与沢翼さんも、川島さんから影響を受けたといわれています。

    そんな「金儲けのプロ」が収入アップのノウハウを記したビジネス書『お金儲け2.0』が三笠書房から発売されました。

    お金儲け2.0
    著者:川島和正
    発売日:2019年08月
    発行所:三笠書房
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784837927945

     

    ハイリスクで苦しい時代=個人で稼ぎやすくなった時代

    今の日本は「弱者を守るため助け合いシステム」になっていると川島さんは述べます。日本の労働環境は終身雇用制度によって支えられていましたが、その結果「労働者」「企業」「国」の間で悪循環が発生。さらに、これまで人が行っていた仕事はAI、ブロックチェーン、IoTなど進歩したテクノロジーによって奪われる可能性があると予測しています。

    しかし、こうした状況下でも、先んじて自ら動ける人になれば、「企業の稼いできた取り分を個人が切り崩せる時代になった」と川島さんは言います。

    たとえば、川島さんはテレビや広告代理店が持っていた「情報発信」や「商品宣伝」という仕事を、メールマガジンやアフィリエイトといった手段を使い堅実に稼いでいきました。

    本記事では、『お金儲け2.0』で書かれているビジネスの一つ「転売ビジネス」を紹介します。

     

    「安く買って、高く売る」、「転売」は最も簡単でわかりやすいビジネス

    転売は「安く買って、高く売る」という原理に従った商売の王道。今は、Amazonや楽天などのECサイトや、ヤフーオークション(ヤフオク)やメルカリなど個人間で物の売買ができるようになり、個人でも十分取り組めると川島さんは述べます。

    たとえば、商品は中国のECサイト・タオバオや、アリババから探して仕入れます。中国語が分からなくても、Google翻訳や、仕入代行サイトなどがあるので、海外のECサイトでも簡単に仕入れることができます。

    闇雲に安いからと仕入れるのではなく「しっかり売れるもの」、ヤフオクの相場やアマゾンランキングをチェックしながら売れるものを仕入れて、メルカリやヤフオク、Amazonの販売代行を使用しながら売るのです。

    難しいことはありませんが、「面倒」な仕事です。しかし、「転売」は工夫次第でさらに大きい金額を稼げる可能性があります。

    本書では子育てをしている主婦が月収90万円を稼いだ話や、3000万円を稼いたホテルマン、5000万円稼ぐ30代主婦などの成功例が挙げられています。

     

    「面倒」だけど、「できない」ことではない!

    紹介した「転売ビジネス」のほかにも、アフィリエイトや不動産、協会ビジネスなど、多数のビジネスモデルが紹介されています。各モデルの戦略は、かなり具体的な手順とhow toが記されています。また、サイトのQRコードが併記されているので動き出そうと思えば、すぐにでも始められます。

    また本書の発売に際して、本書の3割近くにあたる77ページが無料公開されています。

    『お金儲け2.0』の無料公開分はこちら! 〉〉

    どのビジネスモデルも、「面倒」にみえますが、「まったくできない」仕事ではないように感じます。その面倒を超えて、個人で動き出すことができるか、この本を読み進めて「自分でもできるかも」という気持ちが湧いたその時が、億万長者へのきっかけとなるのかもしれません。

    お金儲け2.0
    著者:川島和正
    発売日:2019年08月
    発行所:三笠書房
    価格:1,620円(税込)
    ISBNコード:9784837927945




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る