• fluct

  • 『女の機嫌の直し方』をAI開発で解明! 【総合4.0】

    2019年06月30日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    女の機嫌の直し方
    著者:黒川伊保子
    発売日:2017年04月
    発行所:集英社インターナショナル
    価格:756円(税込)
    ISBNコード:9784797680089

     

    『女の機嫌の直し方』の要点

    1.脳の「とっさの使い方」には性差があり、それゆえ、男女の間には深いミゾがある。しかし、女性の機嫌の真相を学べば、よりよいコミュニケーションが生まれる。

    2.女性の対話は「プロセス指向共感型」である。「思う存分経緯を思い出すこと」により、課題への答えが見えてくる。共感によって上手に話を聞いてもらうと、女性脳の演算の質が上がる。これに対し、男性の対話は「ゴール指向問題解決型」である。全体の主幹をシンプルにとらえようとし、結論を先に求める。女性と話す際は、相手の言葉を反復して共感で返すとよい。

    3.心にないセリフでもかまわない。ことばが優しい気持ちを連れてくるからだ。

     

    『女の機嫌の直し方』レビュー

    「あなたって、どうしてそうなの?」「なんで、わかってくれないの?」こんな言葉を女性から投げかけられたことがあれば、本書の出番だ。恋人、妻、母親、女性の上司・部下。男性なら、女たちの機嫌の地雷を踏んで「とほほ」となったことは、一度や二度あるのではないだろうか。「女の機嫌はわからない」、これは、男性たちの永遠のテーマかもしれない。しかし、脳科学上は、いとも簡単にその解決の糸口を見つけられるという。

    男女の脳は、とっさの信号特性が違い、ときに全く別の装置になる。典型的な違いの1つは、会話の紡ぎ方である。一般的に男性はまずゴールを知りたがり、女性は共感を求めプロセスを語ろうとする。これでは相容れないのも当然だ。

    著者は、男女の脳の違いが織り出す男女の機微を研究し、『妻のトリセツ』などのベストセラーを数多く生み出してきた人工知能研究者。本書は、研究の知見を活かしたコミュニケーションの秘訣の宝庫だ。読めば、「だからすれ違っていたのか!」と胸のすく思いがするだろう。「女心は複雑怪奇」と思っていた男性たちへの福音の書といってもいい。

    女の機嫌の直し方を知れば、家庭や職場の人間関係が好転すること請け合いだ。女性も本書を読むことで、よりあたたかい目で男性を見つめられることだろう。もちろん、男と女のおかしくも哀しいすれ違いがあるからこそ、人生は面白い。男女が互いの個性を尊重しながら、幸せに生きるための、新たなコミュニケーションの教科書として、本書をおすすめしたい。

    『女の機嫌の直し方』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『女の機嫌の直し方』が気になる方におすすめ

    妻のトリセツ
    著者:黒川伊保子
    発売日:2018年10月
    発行所:講談社
    価格:864円(税込)
    ISBNコード:9784065133392
    仕事も家庭もうまくいく夫のトリセツ
    著者:芦澤多美
    発売日:2019年06月
    発行所:マキノ出版
    価格:1,566円(税込)
    ISBNコード:9784837673002

     

    関連記事

    75%の夫婦が結婚式でケンカする!?『女の機嫌の直し方』が映画化:今週公開の映画




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る