• fluct

  • ちくま新書『現代語訳 論語と算盤』が2万部重版 35刷・累計20.6万部に 渋沢栄一の特帯で出荷予定

    2019年04月09日
    知る・学ぶ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    4月9日(火)に行なわれた紙幣一新の発表を受け、筑摩書房が、2010年刊行『現代語訳 論語と算盤』の2万部緊急重版を決定しました。

    『論語と算盤』は、新1万円札の図案に起用される渋沢栄一の代表作。

    緊急重版が決定した『現代語版 論語と算盤』は、今回の重版によって累計発行部数20万部を突破しました(35刷・累計20万6,200部/2019年4月9日現在)。

    論語と算盤
    著者:渋沢栄一 守屋淳
    発売日:2010年02月
    発行所:筑摩書房
    価格:902円(税込)
    ISBNコード:9784480065353

     

    関連記事

    紙幣刷新を受け、渋沢栄一の代表作『論語と算盤』1万部緊急重版 角川ソフィア文庫から刊行

     

    渋沢栄一の顔写真入り特帯で店頭に 贈り物としての需要も見込む

    筑摩書房によれば、紙幣一新が発表された9日朝から書店からの注文が相次いでおり、1店舗で100冊を超えるケースも出ているとのこと。

    なかでも丸善 丸の内本店では、新1万円札の裏面に東京駅丸の内駅舎が採用されることもあり、定番書ながら「この機会に」と大々的な店頭展開を予定しているそうです。

    特に学生・新社会人にとっては“新しい一歩”を踏み出すこととなる今の時期。やさしい現代語で書かれた同書は、贈り物としての需要も増えそうです。

    『現代語訳 論語と算盤』重版分は、4月末頃出荷予定。新1万円札と同じく、渋沢栄一の顔写真が入った特帯での重版が予定されています。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る