• fluct

  • 脳の力を最大限に引き出す、科学が実証した最新ノウハウ大公開!『一流の頭脳』【総合3.8点】

    2019年03月31日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    一流の頭脳
    著者:アンダース・ハンセン 御舩由美子
    発売日:2018年03月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784763136732

     

    『一流の頭脳』の要点

    1.ストレスがかかると、コルチゾールというストレスホルモンが分泌される。しかし運動を習慣づけると、やがてコルチゾールの分泌量がわずかしか上がらなくなり、ストレスに対する抵抗力を高めることができる。

    2.太古の昔から、身体を動かすことは生存に必要な活動であった。だから運動すると「報酬系」と呼ばれるシステムが働き、ドーパミンが放出されてポジティブな気持ちになる仕組みになっている。

    3.BDNFは、脳の健康に欠かせない物質だ。BDNFを増やすには、30~40分の有酸素運動を週に3回行うことが有効である。

     

    『一流の頭脳』レビュー

    脳は身体の一部だ。誰もが知っていることだが、情報化した現代社会に生きていると忘れがちなことでもある。身体の一部であるということはすなわち、トレーニングによって鍛えることも可能だということだ。

    しかし著者によると、パズルなどの「脳トレ」にはあまり効果がないそうだ。それよりもずっと効果的なのが、意外にも運動なのだという。

    原始時代、人間は狩りをして生活していた。食料を得て、生き延びるために、人間は現代とは比べものにならないほど活発に動きまわっていた。だから人間の身体は動くのに適したつくりになっており、脳もまた例外ではないそうだ。

    そして脳を効率よく働かせるには、運動が最も効果的なのだという。本書では運動によってストレスにうち勝ったり、記憶力や集中力を持続させたり、すぐれたアイデアをひらめいたりするメカニズムが紹介されている。

    特筆すべきは、必ず根拠となるデータを提示している点である。精神論やごまかしは一切なし。最新の科学でもわかっていないことは「わかっていない」とはっきり述べているのがフェアで読みやすく、かえって説得力がある。

    本書は「ただちに本を閉じよ」と締めくくられている。この言葉どおり、読み終わった後にはすぐに身体を動かしたくなってくる。なんとなく集中できない、ストレスに気分や体調を左右されやすい人、またぼんやりとした不調に悩んでいる人におすすめしたい一冊だ。あなたの不調に必要なのは、運動かもしれない。

    『一流の頭脳』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『一流の頭脳』が気になる方におすすめ

    最高の体調
    著者:鈴木裕
    発売日:2018年07月
    発行所:クロスメディア・パブリッシング
    価格:1,598円(税込)
    ISBNコード:9784295402121
    記憶力を鍛える方法
    著者:加藤俊徳
    発売日:2017年04月
    発行所:PHP研究所
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784569766980
    走れば脳は強くなる
    著者:重森健太
    発売日:2016年08月
    発行所:クロスメディア・パブリッシング
    価格:1,382円(税込)
    ISBNコード:9784844374961




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る