• fluct

  • 社員一人ひとりの才能を極大化する次世代型の成長組織とは?『最高の組織』

    2019年03月17日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    最高の組織
    著者:大賀康史
    発売日:2019年03月
    発行所:自由国民社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784426125110

     

    『最高の組織』の要点

    1.出世や成功がキャリアの目標だった時代は過ぎ去った。一人ひとりが毎日を彩りあふれる世界に生き、幸せを追求する場として会社が存在しなければならない。

    2.ピラミッド構造の組織の問題点である上層部のボトルネックの存在と、無能になってしまうまで出世するというピーターの法則から、至るところでメンバーのポテンシャルが発揮できない状態になる。

    3.ステークホルダーには優先順位がある。通説とは異なり、(1)従業員、(2)顧客、(3)株主・債権者・取引先という順で考えるべきだ。

    4.理想的な組織形態の1つは輪を描いているようなものである。すべてのメンバーが同列で遠慮せず、プロフェッショナリズムを持ち、自律的に好きなことあるいは得意なことをする状態がよい。
     

    『最高の組織』レビュー

    組織という言葉にどのような印象があるだろうか。自分には「組織の利益」や「組織の力学」という言葉がまっ先に思い浮かぶ。組織の利益のためには自分の事情を劣後するような、滅私奉公という言葉も連想される。

    働き始めたころから、社会人の常識という得体の知れない圧力が、人としての尊厳や幸せよりも優先される風潮に、ずっと違和感があった。組織というものの解像度を上げれば、一人ひとりのメンバーになるはずだ。どのような形態であれ、その全員が個人のポテンシャルを最大に解き放てるような組織をめざしたい。

    どうしたら一人ひとりのメンバーが輝くか、という命題は組織を運営する中で誰もが悩むことだろう。組織の事情よりも、そのメンバーの側から周りの景色を眺めるとどう見えるのかをずっと想像してきた。わかった気になってはいけないが、人を知ろうとする努力はいくらしても無駄にはならない。一人ひとりにエネルギーを注ぐ過程で、自分たちにとっての理想に近づくための再現性のある法則が見えてくるからだ。

    理想を追求すればするほど、現実的な問題にぶつかる。私はずっとそれに直面してきたし、ほとんど毎日のように悩んでいる。ただ会社のメンバー、スタートアップ業界の先輩や友人、様々な専門家と議論を重ね、運営に反映していく中で、おぼろげながら法則性が見えてきた。

    本書は得られた知見を飾らず正直に、そしてできるだけ体系的にまとめることを試みた。理想の組織を考えたい方にぜひ手に取っていただきたいし、率直なご意見もいただければ幸いだ。

    ライター:大賀 康史(株式会社フライヤー 代表取締役 CEO)

    『最高の組織』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『最高の組織』が気になる方におすすめ

    THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法
    著者:ダニエル・コイル 桜田直美 楠木建
    発売日:2018年12月
    発行所:かんき出版
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784761273828
    ティール組織
    著者:フレデリック・ラルー 鈴木立哉 嘉村賢州
    発売日:2018年01月
    発行所:英治出版
    価格:2,750円(税込)
    ISBNコード:9784862762269
    チームの生産性を最大化するエマジェネティックス
    著者:小山昇 賀川正宣
    発売日:2018年02月
    発行所:あさ出版
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784866670386




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る