• fluct

  • 『定年前後の「やってはいけない」』から待望の「実践編」が登場!充実した定年後を送るために気を付けたいこと

    2019年03月08日
    知る・学ぶ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    お悩み3:希望する再就職先が決まりません。シニアの就職活動はどのように進めればうまくいきますか?

    再就職先が決まらない状態が続くのはつらいもの。預貯金や退職金などの蓄えが目減りしていき、精神的にも落ち込んでしまうでしょう。そんな状況を打破する魔法の言葉が「何でもやります」。単純ですが、あれこれ条件をつけないとうまくいくのです。

    その理由は2つあります。第一に、再就職を仲介する側は、条件をつけない人には仕事を紹介しやすいという点があります。条件をたくさんつけてしまうと、本当は気になる仕事であっても、仲介側でマッチしないと判断され外されてしまいます。それはもったいないことです。

    第二に、条件をつけないと企業側も面談に踏み切りやすいという点があります。求職者側の条件を考慮する必要がないので「とりあえず検討してみようか」と気軽に選考することができます。転職活動では、まず求人に出合わなければはじまらないため、ひとまず「なんでもやります」と表明しておくことで、より可能性を広げることができるのです

    本音をいえば「何でもやります」と言い切るのは抵抗がある、という人も多いかもしれません。しかし、業種も職種も待遇も気にしないでまず飛び込んでいける人は、再就職でうまくいく確率が高いといいます。

    たしかに「何でもやってみよう」というオープンなマインドは、求人情報を集めるだけでなく、楽しく働いていくためにも必要なこと。想定していた仕事とは違っても、飛び込んでみたら楽しかったということもあります。まずは思い切って何でもやってみようという積極的な気持ちで挑んでみてはいかがでしょうか。

     

    定年後の方が仕事をより楽しめる!

    実は「定年後のほうが仕事をより楽しめる」という説もあります。

    新入社員や中堅社員時代は、業績を上げるためにノルマを達成しなければならなかったり、時には上司や同僚、同業他社と戦うなどとさまざまな軋轢を経験しながら仕事をする機会が多いもの。

    しかし、定年を迎えてしまえばもうそういった仕事の責任からは解放されます。イビる上司や足を引っ張る同僚もいないし、理不尽な要求に苦しむこともノルマを抱えて悩むこともありません。

    そして自分が健康で動き回れるなら、どんな仕事でも可能です。塾の先生になってもいいし、スーパーマーケットの荷さばきの仕事、あるいは知り合いの会社を手伝ってもよいでしょう。世の中は人手不足なので、いろいろな仕事がシニアには待っているのです。

    つまり血眼になって業績を上げるような仕事ではなく、自分が必要とされている仕事を探せばよいのです。そう気持ちを切り替えると、定年後の仕事探しも、肩の力を抜いてできるのではないでしょうか。

    ▼定年前後のやるべきことをもっと詳しく知りたい人は、こちらをチェック!

    定年前後の「やってはいけない」
    著者:郡山史郎
    発売日:2018年04月
    発行所:青春出版社
    価格:1,026円(税込)
    ISBNコード:9784413045384
    定年前後「これだけ」やればいい
    著者:郡山史郎
    発売日:2019年03月
    発行所:青春出版社
    価格:1,026円(税込)
    ISBNコード:9784413045643




    1 2
    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る