• fluct

  • 「宇宙人っているの?」子どもに聞かれたらどう答える?大人も読みたい人気科学シリーズ「ホーキング博士のスペース・アドベンチャー」

    2017年07月14日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 SxGxMxT
    Pocket

    なぜ宇宙人は、我々の前に現れないのか?

    なぜ地球外生命体は、現在まで確認できていないのでしょうか?

    ホーキング博士は「我々や彼らの文明レベルが低く、偶然にも“まだ”コンタクトできていないだけかもしれない」という可能性に加え、本シリーズの中で4つの可能性を提示しています(参考:第Ⅱ-1巻p.311~322)。

    ① 地球が、知的生命体の出現した唯一の惑星である。
    「生命が自然発生する確率は極めて低いため、地球が生命の出現した唯一の惑星である」あるいは「細胞のような生命形態は発生したが、知的生命体にまで進化したのは地球だけだった」という可能性です。もしそうであれば、地球はかなり例外的な惑星だということになります。

    ② 小惑星の衝突により、生命体が生存し続けられなかった。
    小惑星や彗星が惑星へ衝突する頻度は、平均して2000万年に1度くらいと推測されているのだそうです。そして地球上で知的生命体が発達したのは、過去6700万年の間に大きな衝突がなかったという幸運によるものなんだとか。

    ③ 知的生命体が自らを滅ぼしてしまった。
    生命体がある程度の確率で発生し知的生命体にまで進化したものの、そのシステムが不安定になり、知的生命体が自らを滅ぼしてしまったとするもの。これはとても悲しい考え方ですが、核開発や環境汚染、人口増加が世界的な問題となっていることを考えると、他人事ではないかもしれません。

    ④ 存在しているが、私たちは見逃してもらっている。
    これはロマンに溢れた考え方ですが、もしそうだとすると私たちにとってはとても幸運なことですね。より高次の文明と接触したことで侵略を受け、滅ぼされてしまった文明というのは人類史の中でも数多く見られます。それに映画「エイリアン」に出てくるようなヤツが突然現れたら、きっとひとたまりもありません。

    ちなみにホーキング博士は、4つ目が気に入っているそうですよ。

     

    最新刊『宇宙の生命 青い星の秘密』は7月13日発売

    いかがでしたか? 「ホーキング博士のスペース・アドベンチャー」シリーズは、この他にも相対性理論の内容や宇宙の起源など、かなり高度な内容についても触れられています。子どもにとって、きっと何度も読み返したくなるお気に入りのシリーズになるはずです。

    「ホーキング博士のスペース・アドベンチャー」シリーズは、7月13日(木)に最新刊『宇宙の生命 青い星の秘密』が発売。「宇宙における生命誕生と水の秘密」をテーマに、地球の大部分を占める“海”の中での生命誕生や、宇宙空間における水、エウロパの氷層に秘められた生命体、火星移住計画などについて探ります。

    宇宙の生命
    著者:ルーシー・ホーキング スティーヴン・ウィリアム・ホーキング さくまゆみこ
    発売日:2017年07月
    発行所:岩崎書店
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784265860128

     

    シリーズ既刊はこちら

    宇宙への秘密の鍵
    著者:ルーシー・ホーキング スティーヴン・ウィリアム・ホーキング さくまゆみこ 佐藤勝彦
    発売日:2008年02月
    発行所:岩崎書店
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784265820115
    宇宙に秘められた謎
    著者:ルーシー・ホーキング スティーヴン・ウィリアム・ホーキング さくまゆみこ 佐藤勝彦
    発売日:2009年07月
    発行所:岩崎書店
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784265820122
    宇宙の誕生
    著者:ルーシー・ホーキング スティーヴン・ウィリアム・ホーキング さくまゆみこ 佐藤勝彦
    発売日:2011年10月
    発行所:岩崎書店
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784265820139
    宇宙の法則
    著者:ルーシー・ホーキング スティーヴン・ウィリアム・ホーキング さくまゆみこ 佐藤勝彦 平木敬
    発売日:2015年11月
    発行所:岩崎書店
    価格:2,052円(税込)
    ISBNコード:9784265860111
    1 2 3
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る