• fluct

  • ついつい相手の顔色をうかがってしまう頑張りすぎなあなたへ。『「頑張る」をやめてみる』【総合3.8】

    2022年11月26日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    「頑張る」をやめてみる
    著者:根本裕幸
    発売日:2022年05月
    発行所:リベラル社
    価格:748円(税込)
    ISBNコード:9784434303807

     

    『「頑張る」をやめてみる』の要点

    1.仕事、家事、友達付き合い、趣味や習い事の役職、社会的役割など、一人でなんでも抱え込むクセを「抱え込み症候群」と呼ぶ。

    2.抱え込み症候群になる原因は、「自己完結グセ」にある。他人に頼れば簡単に解決できることを、自分一人で解決しようとしてしまう。

    3.頼ることは、コミュニケーションスキルであり、誰でも身につけることができる技術だ。個性の異なる人間同士が協力して物事を進めるために必要なスキルとして、ポジティブにとらえよう。

     

    『「頑張る」をやめてみる』レビュー

    急な残業や気の進まない飲み会を、断りたいけど断れない。悩みがあっても「助けて」が言えない。こんなふうにストレスをためてしまう人は、責任感が強くて真面目な人かもしれない。まわりからの信頼が厚い一方、なんでも自分でやらなければと思うあまり、苦しさを感じることも少なくないだろう。頑張りすぎてストレスをため込み続ければ、いずれ心身に不調をきたしてしまう。

    もしあなたがそんな「抱え込み症候群」に心あたりがあったら、本書がおすすめだ。人気心理カウンセラーの根本裕幸氏が、本書を通じて抱え込みグセを脱出し、ほどよくラクに生きるサポートをしてくれる。抱え込みから脱出するためのワーク、人に上手に頼るためのワークは、著者の多くのカウンセリングの経験にもとづいて提案されたものだ。

    本書で紹介されている事例は、読んでみると「わかる、わかる!」と納得してしまうものばかりだ。心が疲れている人は、「同じようにつらいのは、自分だけじゃない」と感じることができ、読むだけでも気がラクになる。ケーススタディを参考にしながら、紹介されているワークに取り組めば、心の重荷を効果的に手放すことができるだろう。

    まずは、チェックリストで自分の抱え込みタイプを診断することから始めたい。抱え込みから抜け出したい人の背中を優しく押してくれるだろう。

    『「頑張る」をやめてみる』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『「頑張る」をやめてみる』が気になる方におすすめ

    人生が変わる!自己肯定感を高める心のセルフケア大全
    著者:中島輝
    発売日:2022年05月
    発行所:宝島社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784299026101

     


    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る