• fluct

  • なぜ人はお酒の失敗を繰り返してしまうのか?科学的に解明された「後悔しない飲み方」【総合3.5】

    2022年10月22日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    名医が教える飲酒の科学 一生健康で飲むための必修講義
    著者:葉石かおり 浅部伸一
    発売日:2022年03月
    発行所:日経BP
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784296111879

     

    『名医が教える飲酒の科学 一生健康で飲むための必修講義』の要点

    1.久しぶりにお酒を飲んでお酒に弱くなったと感じるのは、「元の強さ」に戻ってしまうためである。

    2.色がついている酒とそうでない酒では、前者の方が二日酔いになりやすい。また醸造酒と蒸留酒では、醸造酒の方が二日酔いになりやすい。

    3.アルコールは免疫力を下げる。3段階ある人の免疫防御システムのいずれに対しても、アルコールは悪影響を及ぼす。

     

    『名医が教える飲酒の科学 一生健康で飲むための必修講義』レビュー

    「飲んでいて気が付いたら財布・スマホ・カバンがない状態だった」「家の玄関の前で寝ていて家族に起こされた」など、お酒を飲んでいるとハメを外し過ぎることがある。

    それだけではない。お酒との付き合い方を間違えると、病気になったり、薬が効かなくなったり、免疫力が下がったりしてしまうなど、大きな問題につながる。

    本書は、お酒をこよなく愛する酒ジャーナリストである著者が、酒が人間の体に与える影響を科学的、客観的に把握することを目的に、専門家や医師の知見を分かりやすくまとめた。なぜ人はお酒に強くなったり弱くなったりするのか、なぜ飲み過ぎた次の日は下痢になりやすいのかといった疑問も分かりやすく説明されている。

    また二日酔いになりにくいお酒や方法など、お酒と上手に付き合う上で知っておきたいことが網羅されている。新型コロナウイルスなど感染症で注目される免疫力とお酒の関係についての解説もある。

    本書を読めば、お酒に関する正しい知識を幅広く身につけることができる。お酒は付き合い程度という人から晩酌はやめられないという人まで、一度は読んでおきたい一冊である。

    なお、本文小見出しの丸カッコ内は、著者が取材した相手を示している。

    『名医が教える飲酒の科学 一生健康で飲むための必修講義』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『名医が教える飲酒の科学 一生健康で飲むための必修講義』が気になる方におすすめ

    「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本
    著者:垣渕洋一
    発売日:2020年12月
    発行所:青春出版社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784413231817

     


    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る