• fluct

  • たまっていくイライラやストレスは 「新しい習慣」を取り入れてうまくリセット!【総合3.8】

    2022年09月24日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    リセットの習慣
    著者:小林弘幸(小児外科学)
    発売日:2022年08月
    発行所:日経BP
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784296113682

     

    『リセットの習慣』の要点

    1.停滞モードを断ち切りたいときには「新しい習慣を取り入れること」と「とにかく『動くほう』を選択すること」が効果的だ。

    2.片づけは自律神経を整えるのに有効だ。帰宅してすぐ、着替える前に一カ所だけ片づける習慣をつけよう。

    3.自分の軸がある人は、迷いがなくなり、精神状態が安定しやすい。つくり笑いをしがちな自分にストレスを感じるなら、すっぱりやめるか、「コミュニケーションを円滑にするためにつくり笑いをする」と決めてしまえばいい。

     

    『リセットの習慣』レビュー

    降水確率は40%。迷った末、傘を持たずに家を出たら、駅に向かう間に降り出した。オフィスに到着する頃には服が濡れて体が冷え、気分がどんより。その流れを断ち切れないまま、仕事でミスを連発してしまった――。こんな経験はないだろうか。

    本書のテーマは「リセット」だ。著者の専門分野である自律神経を軸として、悪い流れを断ち切り、いい流れをつくるための99の行動習慣が紹介されている。そのうちのひとつが「迷ったら傘と上着は持っていく」だ。冒頭のケースは、傘と上着さえあれば防げた「悪い流れ」にほかならない。小さなことに見えるかもしれないが、人生は小さな選択によってつくられた「流れ」に左右されるものなのだ。

    コロナ禍に入って2年半ほどが経った今、著者が提案するのは「ちょっと強めにリセットする意識」をもつこと。健康なはずなのに体が重い。落ち込んでいるわけではないけれど、なんだかスッキリしない。そんな人に、これまでの行動習慣を思い切って変えてみることと、新しい行動習慣を取り入れてみることをすすめている。「行動しないこと」が当たり前になった時代だからこそ、新しい流れをつくって動き出すことに意味があるのだという。

    99の行動習慣のうち、自分に合いそうなものや、すぐに取り入れられそうなもの、今の悩みを解決してくれそうなものから試してみてはどうだろう。人生の流れが変わり、新しい自分に出会えるかもしれない。

    『リセットの習慣』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『リセットの習慣』が気になる方におすすめ

    整える習慣
    著者:小林弘幸(小児外科学)
    発売日:2021年02月
    発行所:日経BPM(日本経済新聞出版本部)
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784532199951

     



    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る