• fluct

  • 考えるとは何か?「自分の足で走る」思考習慣が身につく『独学の思考法』【総合3.8】

    2022年07月11日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    独学の思考法 地頭を鍛える「考える技術」
    著者:山野弘樹
    発売日:2022年03月
    発行所:講談社
    価格:990円(税込)
    ISBNコード:9784065277522

     

    『独学の思考法』の要点

    1.答えのない時代に自分の頭で考えるには、長い年月をかけて「問いを立てる力」「分節力」「要約力」「論証力」「物語化する力」を訓練し、「自分の足で走る」思考習慣をもつことが重要だ。

    2.独学の思考を応用して「対話的思考」を実践することができる。対話は、他者と倫理的な関係を結び、先行きの見えない時代状況で自らの思考の枠組みを更新するためでもある。

    3. 探究のための独学は、みのり豊かな人生を送るために考えるべき根本問題を真正面から扱うことができる「人生全体を生きる力」である。

     

    『独学の思考法』レビュー

    「人生は、勉強だから」

    この言葉を両親から繰り返し聞いて要約者は育った(あと記憶しているのは「嘘は泥棒の始まり」)。学校で教えてもらう勉強と、図書館で本を手にする勉強を分けることなく、学ぶことを日常に溶け込ませる習慣がついたのは、両親の教育方針の賜物だろう。

    赤面ものの親自慢を紹介したのは、両親の言葉と「探究のための独学の力は、人生全体を生きる力」という著者のメッセージとに、強い類似性を見たためである。著者は、「走ること=考えること」「足跡=本を書いた人の思考の痕跡」とたとえつつ、「思考力は長い月日をかけて少しずつ訓練されるもの」という信念を、本書で繰り返し述べている。

    「幸せに生きるために、何が必要なのか?」「これからの社会に求められる価値とは?」という問いは、人生・社会一般における根本的な問題であり、1つのシンプルな真理となるような答えは知られていない。しかし、仕事と生活を忙しく過ごす日々の合間に、誰もの頭にふと浮かぶのは、こうした哲学的な大きな問いだ。こうした問いに「答えなんてないから考えても無駄」とそっぽを向くのか、「自分なりに答えを見つけてみよう」と探究の道を歩み始めるのか。

    タイトルに「独学」とあるが、先人の足跡である本や他者との対話を通じ、共に考えるための効果的な手引きを著者は伝えてくれている。「考えるとは何か?」を徹底的に考えている哲学者と一緒に、人生をより豊かにするための勉強を始めてみるのはいかがだろうか。

    独学の思考法』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『独学の思考法』が気になる方におすすめ

    いつもの言葉を哲学する
    著者:古田徹也
    発売日:2021年12月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:935円(税込)
    ISBNコード:9784022951533

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る