• fluct

  • ラーメンは体育会系、カレーは文化部系!? 「ラーメンのプロ」が奥深いラーメンの世界を解説!【総合3.5】

    2022年06月25日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    教養としてのラーメン
    著者:青木健
    発売日:2022年01月
    発行所:光文社
    価格:1,705円(税込)
    ISBNコード:9784334952884

     

    『教養としてのラーメン』の要点

    1.ラーメンは体育会系、カレーは文化部系と言える。ラーメンはライバルと切磋琢磨して進歩していき、カレーは個性を大事にして、内装や接客、ユニフォームでも独自路線を突き進んでいく。

    2.古くから地元に根付いている老舗ほど「醤油スープに入った小麦(炭水化物)を、肉(タンパク質)をおかずに食べる」といった食の原点のようなラーメンを提供している。

    3.スープを飲むときに、レンゲを使って飲むのと、丼から直接飲むのとでは、味の感じ方が変わってくる。レンゲで飲むと、スープは舌の奥へ運ばれやすくなり、味わいが異なってくる。

     

    『教養としてのラーメン』レビュー

    「こってり濃厚な豚骨ラーメンが食べたい」「魚介系のダシが利いた上品な味わいのラーメンが好きだ」などラーメンに対する好みやこだわりをお持ちの方は少なくないだろう。醤油、塩、味噌、豚骨などラーメンの種類は豊富にある。

    ラーメンの発祥地は中国だが、日本のラーメンは独自の進化を遂げ、中国でも「日式拉面」として人気だ。中国に限らず、日本のラーメンは世界で広く受け入れられ、店舗数が増え続けている。

    本書は「考察」「食べ方」「つくり方」「メニュー」「店」「ビジネス」「知識」「客」の視点で、日本が誇るラーメンの教養を紹介した一冊である。ラーメン店を専門にデザインやイラスト、マンガを制作している「ラーメンのプロ」の著者が、どのお店、どの地方においても役立つ、普遍的なラーメンの知識を解説している。ラーメンと向き合う際の、時代に左右されない基本的な心構えや手がかりが余すところなく綴られ、ラーメンをより一層楽しめるようになる。

    ラーメン好きの方はもちろん、食べることが好きな方、あるいはラーメンブームをいぶかしく思っている方にも、ぜひおすすめしたい。ラーメンの麺をどこから持ち上げるか、スープをどのように飲むかなど、ラーメンの食べ方は必見である。ラーメンの新たな楽しみ方を知ることができるはずだ。奥深いラーメンの世界を、まずは食べずに味わっていただきたい。

    教養としてのラーメン』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『教養としてのラーメン』が気になる方におすすめ

    ラーメン狂走曲
    著者:田中貴
    発売日:2021年12月
    発行所:ワン・パブリッシング
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784651201726

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る