• fluct

  • なぜ今「本」なの?“行間を読む”ことが「問い」の力を育てる、自由な学びのツールとしてのトリセツ

    2022年04月23日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    自分の頭で考える読書
    著者:荒木博行
    発売日:2022年02月
    発行所:日本実業出版社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784534059017

     

    『自分の頭で考える読書』の要点

    1.本の内容を無批判に受け入れるのが「他人の頭で考える」状態だとすれば、本書が目指すのは「懐疑」と「問い」を持って頭を駆動させる、「自分の頭で考える」読書だ。

    2.本の最大の魅力は、自分の思考を投入する余地、「余白」があることである。読者がさまざまな色で余白を塗りつぶすことによって、本は新たな命を与えられる。

    3.多くの本が持っている「問い」と「答え」の種類に注目して、本を3つのカテゴリーに分類し、バランスよくポートフォリオを組むのがおすすめだ。

     

    『自分の頭で考える読書』レビュー

    「読書」には、さまざまな「ねばならない」がつきまとう。良書は読んでおかねばならない、読み始めたら読みきらねばならない、読んだら役立てねばならない——。読書は次第に義務化していき、ただ面白いからという理由だけで本を読んでいると、「本当にこんなふうに本を読んでいていいのだろうか」なんて考えが頭をもたげてくることすらある。そんな読書にまつわる不安を、本書は、「読書に『べき論』なんてない。時間をとって、読書を楽しもうぜ!」と一蹴し、読書本来の楽しさを思い出させてくれる。

    著者は、Voicyで「荒木博行のbook cafe」という読書のチャンネルを運営している荒木博行氏だ。読書をテーマにしながら、本書は「読書法は究極的にはケースバイケース」だと語るところから始まる。前提知識も目的も違うのだから、全員に通用する「必殺読書法」のような万能の方法は存在しないというのだ。そうした幻想を解き放ったうえで、読書を通して自分の問いを育てる、「自分の頭で考える」読書を提案する。

    間違うことを恐れるあまり、読書をするときですら、私たちはただ一つの正しい読み方を求めてしまうのかもしれない。しかし、誰かが考えたことを丸呑みし、誰かの感想をそのまま受け入れるだけでは、「他人の頭で考える」読書になってしまう。本ならではの「余白」に、自分ならではの「色」をつけていく。そうすることで、本ははじめて命を吹き込まれるのだという本書の考え方に触れると、自由で楽しい読書のあり方を思い出すことができるはずだ。

    自分の頭で考える読書』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『自分の頭で考える読書』が気になる方におすすめ

    世界「失敗」製品図鑑
    著者:荒木博行
    発売日:2021年10月
    発行所:日経BP
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784296000395

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る