• fluct

  • 簡単なのに科学的!『スマホ脳』の著者が解説、スウェーデンの教育現場を変えた“脳力強化”の方法とは?【総合3.8】

    2021年12月18日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    最強脳
    著者:アンデシュ・ハンセン 久山葉子
    発売日:2021年11月
    発行所:新潮社
    価格:990円(税込)
    ISBNコード:9784106109300

     

    『最強脳』の要点

    1. 集中力と発想力、記憶力を高め、メンタルを整える。そうして自信をつけ、自分の脳をレベルアップさせるための方法は、体を動かし、運動をすることだ。

    2.現代人の脳は、サバンナで生活していた時代のヒトの脳から進化していないため、体を動かすと脳からごほうびであるドーパミンが与えられ、力を発揮できるようになる。

    3.脈拍が上がり、適度な疲労感を感じられるものであれば、どんな運動をしても良い。運動は競うものではなく、自分なりに楽しめればそれで良い。

     

    『最強脳』レビュー

    子どもたちにも早い段階からスマホやタブレットに触れさせて、使い方や知識を学ばせておきたいと考える人も多いのではないだろうか。実際に、小学校でもタブレットなどを駆使した教育が積極的に取り入れられるようになっている。しかし、大ベストセラーとなった『スマホ脳』の著者が本書で繰り返し述べていることは、そうした世間の潮流とは異なる。その主張は極めて明快な一言であり、「運動をしよう、そうすれば脳は確実に強くなる」というものだ。

    『スマホ脳』と同様に、本書では、現代人の脳が狩猟採集生活の時代から進化していないために、スマホやタブレットのある生活に上手く適応しきれないことが説明されている。それだけではなく、脳が備える機能を有効活用するために、体を動かし、運動することの利点が詳しく科学的に解説されている。

    脳の力を高めて集中力や発想力を強化したり、メンタルを整えたりするために、脳トレなどで脳を直接トレーニングするのではなく、体を動かすほうが効果的だとする考え方は、意外に感じられるかもしれない。しかし、卓越した結果を残すスポーツ選手が、人一倍高い集中力を発揮し、強い精神力を備えていることを考えると、納得できるのではないだろうか。

    何より、自分で運動する習慣を身につけると、実感できるようになる。本書は、子どもの育て方の参考になるだけでなく、大人の生き方を変え、成功に近づく方法を知るためにも、大いに参考になるだろう。

    最強脳』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『最強脳』が気になる方におすすめ

    スマホ脳
    著者:アンデシュ・ハンセン 久山葉子
    発売日:2020年11月
    発行所:新潮社
    価格:1,078円(税込)
    ISBNコード:9784106108822

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る