• fluct

  • 人生の充実度は「リスク管理」で決まる!勝間和代流・時代の変化を楽しむ55の方法【総合3.7】

    2021年12月25日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    勝間式生き方の知見
    著者:勝間和代
    発売日:2021年09月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784046052643

     

    『勝間式生き方の知見』の要点

    1.リスクとは「不確実な可能性への投資」である。リスクを取って時間やお金に投資していかなければ、大きなリターンは得られない。

    2.「時間割引率をコントロールする」という思考は、幸せな人生を送るうえで欠かせないものだ。時間割引率とは、「将来のよりよいことのために今の欲望をいかに我慢するか」という指標である。

    3.小さな労力で成果を上げるコツは、自分の強みを生かしたキャリア形成だ。複数の強みを組み合わせてそれを生かせる市場を探し、チャレンジし続ければ、やがて大きな成果につながるだろう。

     

    『勝間式生き方の知見』レビュー

    新型コロナウイルスの感染拡大によって、「リスクを取らないリスク」をあらためて実感した人もいるだろう。通勤や外出の予定などが減ったことで生まれた時間を使い、変化するリスクを取ってでも新しい何かに挑戦した人と、ただ足踏みしていた人では、今見えている景色が違うはずだ。

    リスクをあえて取らずとも、変化は勝手に向こうからやってくるものでもある。今回のようなパンデミックは今後も起こる可能性があるし、テロや政情不安など、リスクの種はあちこちに落ちている。私たちの生活は、今後も否応なく変わっていくだろう。

    そんな中、人間の寿命は伸び続け、今や人生100年時代に突入している。人生の後半戦をどう生きればいいのか、変化に順応できるのか、幸せに生きていけるのか――うまくイメージできず、漠然とした不安を抱えている人が大半ではないだろうか。

    著者・勝間和代氏は、「年を取れば取るほど幸せになれる」と実感している。これまでの人生では、リスクを取ってトライアンドエラーを繰り返し、失敗も多く経験したそうだ。それでも自分を信じてアタックし続け、不幸な出来事も「チャレンジの機会」と捉えて幸福への原動力に変えてきている。こうしたリスクテイクを重ねて見つけたのが、本書で紹介される「知見」だ。

    本書は著者のこれまでの人生の知見を詰め込んだ、濃縮果汁のような一冊である。どこを読んでも濃く、栄養たっぷりだ。本書から、多くの知見を受け取ってもらえればと思う。

    勝間式生き方の知見』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『勝間式生き方の知見』が気になる方におすすめ

    勝間式ネオ・ライフハック100
    著者:勝間和代
    発売日:2020年07月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784046047892

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る