• fluct

  • 正しさの押し売りでは人は動かない!共感と気持ちのいい合意を得る“7つのスキル”【総合4.0】

    2021年11月13日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    気持ちよく人を動かす
    著者:高橋浩一
    発売日:2021年09月
    発行所:クロスメディア・パブリッシング
    価格:1,738円(税込)
    ISBNコード:9784295405856

     

    『気持ちよく人を動かす』の要点

    1.人は基本的に変化を嫌うため、メリットのある提案を受けても簡単には動かない。現状維持しようとする人に働きかけるときは、たとえ提案の質に自信があっても、一方的な押し付けは避けるべきだ。

    2.疑問や反論を活かして結論を進化させるディスカッションには、想定する力、段取りする力、理解を深める力、見える化する力、思い込みを外す力、軸を動かす力、巻き込む力という、7つのスキルが必要だ。

    3.ゴールを設定したら、最高の状況と最悪の状況の両方を想定しよう。そのためには、T字型の図を用いて「ゴール」「壁」「対応策」を考えるとよい。

     

    『気持ちよく人を動かす』レビュー

    人を動かすのは、難しい。だが私たちは、さまざまなシーンで人を動かさなければならない。部下に指示をする、同僚に何かを頼む、上司の承認を得る……仕事に限ったことではない。学校でも、同級生や先生に何かを頼んだり、部活で何らかの指示をしたりすることがあるし、夫婦間、親子間でも相手を動かすシーンはいくらでもある。

    あなたはそんなとき、相手を言い負かしたり、一方的に指示してしまったりしていないだろうか。その状態で相手が動いてくれても、それは理想的な形ではない。納得し、気持ちよく動いてもらわなければ、期待するパフォーマンスは望めないだろう。

    気持ちよく人を動かすとは、相手との間に共感を築き、気持ちのいい合意に至ることだ。では、共感のある合意に至るにはどうすればいいか。著者は「共に創るディスカッション」が大事だと主張する。そしてこれまでの著者の経験から築き上げてきた「共に創るディスカッション」のメソッドを、本書では余すことなく紹介してくれている。

    本書の「おわりに」でも触れられているが、「気持ちよく人を動かす」と聞くと、「楽して人をコントロールする方法?」と誤解する人もいるかもしれない。だが本書はそのような本ではなく、気持ちよく合意し、プロジェクトをうまく進めていく方法を突き詰めてまとめたものだ。商談をうまく進めたい方やこれからリーダーになる方をはじめ、誰かにお願いをする場面が多い方に、ぜひ読んでほしい一冊である。

    気持ちよく人を動かす』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『気持ちよく人を動かす』が気になる方におすすめ

    無敗営業
    著者:高橋浩一
    発売日:2019年10月
    発行所:日経BP
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784296103676

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る