• fluct

  • マネーフォワード創業者が“黒歴史”から学んだのは?強いチームづくりと成功につながる、清々しいまでの失敗談【総合3.7】

    2021年09月26日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    失敗を語ろう。
    著者:辻庸介
    発売日:2021年06月
    発行所:日経BP
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784296000173

     

    『失敗を語ろう。』の要点

    1.「多くの人から求められない」というつらい事実から目を背けていては前進できない。失敗経験から学び、早期に軌道修正することで、ユーザーに支持されるプロダクトは生まれる。

    2.サービスが存在し続けるための条件となるのが「ユーザー」だ。ユーザーにとっての「must have=なくてはならない」存在にならなければならない。「must have」のサービスをつくるには、徹底してユーザーの声を聴くことが必要になる。

    3.ユーザーは「きっとこう思うだろう」という安易な決めつけは、サービスづくりにおいては厳禁だ。

     

    『失敗を語ろう。』レビュー

    利用者数1200万人以上の資産・家計管理サービスをつくり上げた、マネーフォワード創業者の辻庸介氏。だが本書で彼が赤裸々に明かすのは、清々しいまでの失敗談だ。

    要約者として特に興味深く読んだのは、「こんなサービスなら喜んでもらえるのではないか、ウケるのではないか」と意気揚々でリリースしたサービスが、大滑りしてしまったというエピソードだ。リリースしたものの、ユーザーが集まらない、まったく使ってもらえない――ユーザーは「きっとこう思うだろう」という安易な決めつけはご法度だと、あらためて突きつけられた。

    この失敗からマネーフォワードは、「User Focus」を指針として掲げるようになったという。徹底的にユーザーの声を聴き、ニーズを想像し、仮説を立て、その仮説をもとに機能をリリースし、ユーザーの反応を踏まえてまた改善する――こうしたサイクルを確立したところ、サービスは急成長していった。まさに「失敗は成功の母」といえる。

    起業に限らず、何か新しいことに挑戦するならば、失敗は避けられないものだ。失敗するのが怖くて挑戦できず、前に進むのを躊躇してしまうこともあるだろう。だからこそ、辻氏の行動と考え方には、大いに勇気づけられるはずだ。すべての挑戦者に、心から一読をおすすめしたい。

    『失敗を語ろう。』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『失敗を語ろう。』が気になる方におすすめ

    失敗図鑑すごい人ほどダメだった!
    著者:大野正人
    発売日:2018年05月
    発行所:文響社
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784866510590

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る