• fluct

  • 『イシューからはじめよ』は知的生産術の名著!「今解くべき問題か」をまず見極めろ!【総合3.8】

    2021年06月27日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    イシューからはじめよ
    著者:安宅和人
    発売日:2010年12月
    発行所:英治出版
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784862760852

     

    『イシューからはじめよ』の要点

    1.問題を解く前に、本当にそれが解くべき問題であるか、イシューであるかを見極める必要がある。

    2.解の質を高めるために、初期の段階で「ストーリーライン」と「絵コンテ」を作成する必要がある。

    3.いきなり分析や検証の活動をはじめず、粗くてもよいから、肝となるサブイシューが本当に検証可能かどうかを見極める。

     

    『イシューからはじめよ』レビュー

    圧倒的に生産性の高い働き方とは、どのようなものだろうか。

    2001年東洋経済新報社より照屋華子氏、岡田恵子氏の『ロジカルシンキング――論理的な思考と構成のスキル』が出版されてから、既に十数年が経過しようとしている。その後、「論理的思考力」に係る書籍が多くの著者から絶え間なく出版され、書店に並んできた。その結果として、「MECE(モレなくダブりない)」という概念や、多種多様なビジネスのフレームワークは、今ではプロフェッショナルファームのみの特殊な武器ではなく、多くのビジネスパーソンの中でコモディティ化した。

    そんななかでも、2010年に出版された本書『イシューからはじめよ』には新しさがある。それは、これまでの著書ではあまり着目されてこなかった「それは本当に解くべき課題なのか」という論点に対して、明確な解を示していることに理由がある。世の中で問題かもしれないと思われているもののなかで、今この瞬間に解を出すべき問題というのは100個のうち2、3個だと著者は語る。解くべき問題を見極め(イシュー度を高める)、そして解の質を上げていく(仮説ドリブン→アウトプットドリブン→メッセージドリブン)。

    著者が脳神経科学の研究とマッキンゼーにおけるビジネスの経験から共通して見出したこのアプローチは、まさしく「知的生産のシンプルな本質」に違いない。

    イシューからはじめよ』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『イシューからはじめよ』が気になる方におすすめ

    ロジカル・シンキング
    著者:照屋華子 岡田恵子
    発売日:2001年05月
    発行所:東洋経済新報社
    価格:2,420円(税込)
    ISBNコード:9784492531129

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る