• fluct

  • 細かい仕草も見られてる!「話し方を変えても好かれない」と悩む前に意識すべきこと【総合3.5】

    2021年06月19日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    なぜか好かれる人がやっている100の習慣
    著者:藤本梨恵子
    発売日:2020年08月
    発行所:明日香出版社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784756921055

     

    『なぜか好かれる人がやっている 100の習慣』の要点

    1.視線や仕草、座る位置などは、知らず知らずのうちに相手に強く影響する。そうした行動に意識的になることで信頼関係が築ける。

    2.人の能力は心の状態に左右される。したがって、相手の可能性ややる気を引き出すためには、原因追及型ではなく解決型の質問を心がけ、相手の気分を良い状態に保ったほうがいい。

    3.自分の感情を押し殺さず、ありのままに認めよう。感情を抑えようとすると、モヤモヤしたり、相手から好かれにくくなったりする。

     

    『なぜか好かれる人がやっている 100の習慣』レビュー

    本書を開くとまず目に入るのが、「すべての悩みは対人関係の悩みである」という、心理学者アルフレッド・アドラーの言葉だ。まったくその通りで、仕事の悩みも、恋愛がうまくいかないことも、SNSの「いいね!」疲れも、すべては対人関係に起因していると言えるだろう。コロナ禍の今、リモート会議など直接顔を合わせないコミュニケーションが増え、信頼関係が思うように築けないと悩んでいる人も多いのではないだろうか。こういう時代だからこそ、誰からも好印象を持ってもらえる、つまり「好かれる」「愛される」ことの重要性が増している。

    本書は、心理学やカウンセリングを学び、キャリアカウンセラーとして講演も行う著者による、良好な人間関係を築くための指南書だ。過酷な労働環境での激務による疲労とストレスによって前歯が欠けた(!)という壮絶な過去を持つ著者の言葉は説得力がある。単にコミュニケーションのテクニックを紹介しているだけではなく、心理学の手法をベースにしているため、仕組みがわかりやすく、応用もしやすいのが特徴だ。

    本書で印象的だったのは、「自己肯定感が高くなければ、真に人を慈しむことはできない」という言葉だ。言われてみれば当たり前のようだが、なかなか気づきにくいことではないだろうか。自己肯定感を高め、幸福感を高めることで、最高のパフォーマンスを発揮し、周りからも好かれる人間になる。これは、何かと他者と自分を比べて、自己肯定感が低くなりがちな現代にこそ必要な視点だろう。

    なぜか好かれる人がやっている 100の習慣』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『なぜか好かれる人がやっている 100の習慣』が気になる方におすすめ

    よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑
    著者:大野萌子
    発売日:2020年08月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784763138019

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る