• fluct

  • 目の前の問題から“Why”を探す力をつけよう!仕事の生産性を上げる「具体化⇄抽象化」の思考法【総合3.8】

    2021年03月28日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    「具体・抽象」トレーニング
    著者:細谷功
    発売日:2020年03月
    発行所:PHP研究所
    価格:979円(税込)
    ISBNコード:9784569845999

     

    『「具体⇄抽象」トレーニング』の要点

    1.抽象化とはWhyを問うことであり、メタ視点で考えることである。具体化とはHowを問うことであり、数字と固有名詞に変換することである。手段から目的を考えるのがWhyであり、目的から手段を考えるのがHowである。

    2.抽象の世界が見えている人は、具体の世界も見ることができるが、具体の世界しか見えない人は、抽象の世界が見えない。

    3.「具体→抽象→具体」と、抽象化と具体化を組み合わせることにより、表面的な問題だけでなく、根本的かつ本質的な問題も解決できるようになる。

     

    『「具体⇄抽象」トレーニング』レビュー

    「具体⇄抽象」とは文字通り、具体化と抽象化を行き来する思考法を指す。この思考法は汎用性が高く、特に「問題解決」と「コミュニケーション」の分野で有効だろう。

    問題解決は、問題の発見と(狭義の)解決に分けられる。具体的な事象を抽象化することにより、問題の本質を捕捉するのが問題の発見だ。著者も述べるように、問題は発見されれば、ほぼ解けたも同然だ。したがって問題解決においては、抽象化する思考力が決定的に重要になる。そして発見された問題を、具体化することによって解決していく。特に目標は、数字と固有名詞でしっかりと具体化されなければならない。

    コミュニケーションにおいては、具体と抽象という大きな座標軸のなかで、「いまどこの話をしているのか」をマッピングすることが重要になる。そこさえ共有できれば、不毛な議論や無用な軋轢は、相当程度減らすことができるだろう。

    本書は29問の演習問題を通して、この「具体⇄抽象」の思考法をトレーニングできるように構成されている。具体的な方法については、ていねいに説明されているのでご安心を。

    「具体⇄抽象」の思考回路が身につけば、「自分の頭で考える力」が飛躍的にアップする。さらに言えば、職場やチームで一緒に演習問題に取り組むとなお良いだろう。思考法を共有することで風通しが良くなり、仕事の生産性がグッと上がること間違いなしである。

    『「具体⇄抽象」トレーニング』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『「具体⇄抽象」トレーニング』が気になる方におすすめ

    武器としての図で考える習慣
    著者:平井孝志
    発売日:2020年07月
    発行所:東洋経済新報社
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784492046685

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る