• fluct

  • 一生モノの「思いを言葉にする力」が身につく!博報堂のスピーチライターが5日間トレーニングを紹介【総合3.7】

    2021年01月17日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本
    著者:ひきたよしあき
    発売日:2019年04月
    発行所:大和出版(文京区)
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784804718514

     

    『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』の要点

    1.頭の中にある単語やアイデアを引っ張り出すには、脳の訓練が必要だ。繰り返し練習することで、どんどんアウトプットが速くなる。

    2.論理的に発想するためには、「5つのWHY」や「バックキャスト」でゴールを考える手法が有効だ。

    3.人の行動をうながすには、頭の中に映像を浮かべられるような「動詞」をたくさん入れて伝えることが効果的だ。

    4.プライベートな話題のネタを10個用意しておくと、話題に困らなくなり、相手の興味を引いて話をすることができるようになる。

     

    『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』レビュー

    仕事をしていると、会議・商談・プレゼン・企画書など、「言葉で伝える」機会が非常に多くある。「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」は、どれもビジネスパーソンにとっては思い当たる節がある悩みなのではないだろうか。

    本書は、博報堂のスピーチライターである著者の、36年に渡る学生たちとのコミュニケーションから生まれたものだ。著者が出会ってきた学生たちの多くは、「言葉」の悩みを抱え、自信がないのだという。そんな人でも、本書に書かれた5日間のトレーニングを通じて、一生ものの言葉の力を身につけることができる。

    ストーリー仕立てである本書は、入社3年目の大が和田先生という広告の先生に再会するところから始まる。言葉の悩みを抱えた大は、和田先生のアドバイスを5日間にわたって実行していくうちに、めきめきと力をつけていく。大の悩みに和田先生が回答している様子を見ていると、紹介されているメソッドが役に立つ場面を具体的に想像することができる。自然と「自分もいっしょに実践してみようかな」という気持ちが湧いてくる。

    効果的なメソッドが紹介されていながら、語り口がやわらかく、親しみやすい。一気に読んでしまうのも、本に書かれたことを実践しながら5日間いっしょにトレーニングしてみるのもいいだろう。本書のメソッドを実践していくことができれば、今までとは違った言葉の力を自分の内側から感じることができるはずだ。

    『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』が気になる方におすすめ

    言語化力
    著者:三浦崇宏
    発売日:2020年01月
    発行所:SBクリエイティブ
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784815602734

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る