• fluct

  • 短く言い切る勇気が肝心!読み手の頭にスッと入る文章を書く77のテクニック【総合3.7】

    2020年12月20日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    文章力の基本
    著者:阿部紘久
    発売日:2009年08月
    発行所:日本実業出版社
    価格:1,430円(税込)
    ISBNコード:9784534045881

     

    『文章力の基本』の要点

    1.不用意に長く書かず、短く言い切ることで、頭を使わなくても分かる平易な文章となる。

    2.文章全体の明瞭性を高めるためには、骨子を組み立ててから、段落分けをするとよい。パラグラフ内の因果関係には特に注意する。

    3.いきなり核心から入る。また削れる言葉は徹底的に削る。

    4.読み手からの「共感」を得るためには、目に浮かぶように書くこと、感動を押しつけず事実を淡々と描くことが効果的だ。

     

    『文章力の基本』レビュー

    インターネットが世界中に普及した今、社会は間違いなく情報過多となっている。人間の処理力(1日の時間)は一定であるにも関わらず、情報は膨大に増え続けている。あなたもきっと膨大なテキストデータに毎日追われていることだろう。

    最近のIT業界のトレンドは「キュレーション」と「要約」だ。膨大な情報のうち、自分に適したニュース記事などの情報を抽出してくれるのがキュレーション。キュレーションされた情報をより簡潔に理解するための要約だ。なるほど、ITツールがどんどん進化しているから安心だ。きっといつか情報処理は楽になる。そう信じたいのは山々だが、ビジネスパーソンが触れるテキストデータは何もメディアから与えられるものだけではない。日々、送られてくるたくさんのメール、社内会議で使う資料、そのどれもがテキストデータに埋め尽くされている。

    そしてそこで必ずと言っていいほど直面する課題が「わかりにくい文章」に遭遇してしまうことだ。「わかりやすい文章を書け!」とはよく聞くものの、いざどう書いてよいかは意外なほどに体系化されていない。経営コンサルティング業界では、「文章をクリスタライズしろ」と言われ、明瞭な文章とは何かを徹底的に叩き込まれるが、本書はまさにそのクリスタライズ手法を77の体系化された方法論で解説してくれる。

    果たしてあなたの文章はわかりやすい文章と言えるだろうか。すべてのビジネスパーソンに読んでいただきたい一冊だ。

    『文章力の基本』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『文章力の基本』が気になる方におすすめ

    「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる東大作文
    著者:西岡壱誠
    発売日:2019年04月
    発行所:東洋経済新報社
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784492046395

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る