• fluct

  • プレゼンは「話すよりも見せる」が基本!トヨタで培われた「紙1枚」にまとめる思考整理術

    2020年08月22日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    驚異の「紙1枚!」プレゼン
    著者:浅田すぐる
    発売日:2020年04月
    発行所:日本実業出版社
    価格:1,980円(税込)
    ISBNコード:9784534057754

     

    『驚異の「紙1枚!」プレゼン』の要点

    1.「デジタル完結」が進む現代において、「考え抜く」機会は減少している。一方で、考え抜く習慣がないままビジネスチャットやテレワークを行っても、生産性は向上しない。働き方改革には、「考え抜く力」が不可欠だ。

    2.「考え抜く力」を養うには、「紙1枚」による思考整理法が有効である。この思考整理法は「情報を整理する」「考えをまとめる」という2つのプロセスを繰り返すものだ。

    3.プレゼンにおいて最も望ましい形は、「サイレンス・イズ・ゴール」、すなわち何も話さなくてもいい状態だ。

     

    『驚異の「紙1枚!」プレゼン』レビュー

    昨今のビジネスシーンでは、デジタルベースでのコミュニケーションが著しく増えつつある。スピードアップや環境への配慮から、紙の資料を用いなくなって久しいという方も少なくないのではないだろうか。新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークやオンライン会議もずいぶん増えた。本来なら隣に座っているはずの同僚とのやりとりでさえ、ほとんどが画面上に移行している。そんな中、口頭なら伝わるはずなのにメールやビジネスチャットでは伝わりにくい、時間がかかるようになった、という問題も発生していることだろう。

    こうした課題に、「紙1枚」で切り込むのが本書である。「紙1枚」と銘打ってはいるが、最終的に目指すところは「あらゆる内容を、できるだけしゃべらずに伝える」ことである。本書においては、プレゼンの話法やスライドのレイアウトといった内容は最小限だ。著者が推奨する思考整理法は、1回たったの3分ほど。この思考整理によって「考え抜く力」が得られれば、対面でのプレゼンだけではなく、報告書や企画書、メールやビジネスチャットなど、あらゆる場面で「どう伝えるか」を迷うことがなくなる。職場のコミュニケーションを円滑に、短い時間で行えるだけではなく、最終的には、説明しなくても伝わる信頼感を獲得できるかもしれないというわけだ。

    本書は、プレゼンが苦手な方はもちろん、これからの時代を生きるビジネスパーソンにとって必携の書となるだろう。

    『驚異の「紙1枚!」プレゼン』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『驚異の「紙1枚!」プレゼン』が気になる方におすすめ

    1分で話せ
    著者:伊藤羊一
    発売日:2018年03月
    発行所:SBクリエイティブ
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784797395235

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る