• fluct

  • 『世界で最も危険な男』トランプ氏の姪による告発本、緊急翻訳 原著は初日に95万部突破

    2020年08月05日
    知る・学ぶ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    トランプ大統領の姪による“告発本”『TOO MUCH and NEVER ENOUGH』が緊急翻訳され、『世界で最も危険な男』のタイトルで、9月15日(火)に小学館から発売されることが明らかになりました。

    世界で最も危険な男
    著者:メアリー・トランプ 草野香 菊池由美
    発売日:2020年09月
    発行所:小学館
    価格:2,420円(税込)
    ISBNコード:9784093567282

    『TOO MUCH and NEVER ENOUGH』は7月14日(火)に本国アメリカで発売され、発売初日に95万部を突破、現在すでに135万部まで売れ行きを伸ばすなど反響を呼んでいます。

    著者のメアリー・トランプさんは、トランプ大統領の兄の娘。本書では、臨床心理学者でもある彼女が、トランプ大統領と過ごした過去を振り返り、「ドナルドは替え玉受験で名門大学に入学した」「アルツハイマーの父を見捨てた」「父の遺産相続で脱税した」など、一家が抱える“悪夢のようなトラウマや破滅的な人間関係”について告発しています。邦訳版のボリュームは、354ページとなる予定です。

    なお『世界で最も危険な男』の発売3日後には、前大統領補佐官が在任中のトランプ外交について綴った『ジョン・ボルトン回顧録(仮)』が発売予定となっています。

    ジョン・ボルトン回顧録 トランプ大統領との453日
    著者:ジョン・ボルトン
    発売日:2020年10月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:2,970円(税込)
    ISBNコード:9784022517173

     

    関連記事

    ボルトン前米補佐官の回顧録、日本語版が9月18日緊急発売

    (2016.11.11)今読んでおきたい次期米大統領ドナルド・トランプ関連本5選

     

    『世界で最も危険な男』著者について

    メアリー・L・トランプ(MARY L.TRUMP)
    第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプの姪(ドナルドの兄の娘)。ダーナー高等心理学研究所で博士号(臨床心理学)を取得し、大学院で心的外傷、精神病理学、発達心理学の講義を担当。ニューヨーク州在住。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る