• fluct

  • 社会のニーズは“理系AI人材”から“文系AI人材”に 『文系AI人材になる』【総合3.8】

    2020年06月08日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    文系AI人材になる
    著者:野口竜司
    発売日:2020年01月
    発行所:東洋経済新報社
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784492762516

     

    『文系AI人材になる』の要点

    1.AIに関する仕事は、AIを「作る」ことが中心だった。そのため、AIを「使う」人材が不足している。これからのビジネスシーンを生き抜くには、AIの活用を担う「文系AI人材」になることが重要だ。

    2.文系AI人材として活躍するためには、AIの基礎知識を暗記する、AIの作り方をザックリ理解する、AI企画力を磨く、そしてAIの活用事例をとことん知るという、4つのステップを踏むことが効果的である。

    3.これからの社会を牽引するのは、文系AI人材である可能性が高い。変化を恐れない姿勢を大事にしたい。

     

    『文系AI人材になる』レビュー

    AIの発展と普及が目覚ましい。それに伴い、社会も大きな変化を迎えており、私たちの生活に次々と新しい技術が入り込んできている。AIによって仕事がなくなるという話題も、もはや珍しいものではない。このような環境下で、AIに関する技術を身につけていない文系人材の中には、自分の就いている職業が近い将来AIに奪われるのではないか、と不安に思っている人もいるかもしれない。

    著者は、AIの構築と運用管理を担う人材を「理系AI人材」、それ以外のAI活用を担う人材を「文系AI人材」と定義する。そして、これからのAI時代を牽引していくのは、文系AI人材なのだと主張する。

    これまでAI人材というと理系AI人材が主流だった。その結果として、文系AI人材の育成が遅れているのが日本の現状だ。これからのビジネスシーンを生き抜くためには、変化を受け入れて文系AI人材をめざすことが重要といってもよいだろう。

    本書は、自らも文系AI人材として活躍してきた著者の視点から、AIを「使いこなせる人材」になるための知識を体系化した教科書といえる。理系の知識に自信がなく、時代の変化に対応できるのかと不安を抱いている方にとって、うってつけの一冊だ。

    実用的な知識を得られるだけでなく、AIを駆使して創造できる世界の幅広さに思いを馳せられることだろう。

    『文系AI人材になる』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『文系AI人材になる』が気になる方におすすめ

    シン・ニホン
    著者:安宅和人
    発売日:2020年02月
    発行所:ニューズピックス
    価格:2,640円(税込)
    ISBNコード:9784910063041

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る