• fluct

  • ふだん耳にする「お金のこと」がざっとわかる、超基本的なお金の本【総合3.8】

    2020年05月31日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    すみません、金利ってなんですか?
    著者:小林義崇
    発売日:2020年04月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,430円(税込)
    ISBNコード:9784763137036

     

    『すみません、金利ってなんですか?』の要点

    1.「金利がいい」「金利が悪い」は、立場によってとらえ方が異なる。お金を借りる側にとっては利子があまりつかない「低い金利」がいい金利であり、貸す側にとっては金利が多くつく「高い金利」がいい金利となる。

    2.景気が悪くなると、一般的に金利が下がる。お金を借りやすくなるように、日銀が金利の引き下げを行い、それに連動して銀行から借りるときの金利と預けるときの金利が下がるからだ。

    3.年末調整は、毎月の給与から差し引かれている所得税額と実際の税額とのギャップを再計算し、税額を確定するために行われる。

     

    『すみません、金利ってなんですか?』レビュー

    新入社員時代、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」という謎の用紙を渡された。言われるままに記入し、提出した記憶がある。もしかしたら何か説明されたのかもしれないが、本当はよくわかっていなかったというのが正直なところだ。

    そんな「本当はよくわからないけど、今さら聞けないお金の話」を教えてくれるのが本書である。生活していく上でお金は不可欠であるにもかかわらず、案外知らなくてもどうにかなってしまうことは多い。

    お金の知識が必要なのは、なにも投資や資産運用をしている人ばかりではない。生命保険やカードローン、年金などに全く関係していない人はいないはずだ。しかし、「ちゃんとわかっている」と自信をもって言えるだろうか。

    本書は、とにかくわかりやすい。お金のことが全然わからない大人の疑問に明快に答えており、「史上最高にハードルが低いお金問答」と書かれているのも納得である。それでいて、あらゆる制度の仕組みを丁寧に解説しているので、自信がある人にとっても学ぶことは多いだろう。

    先行き不透明な昨今、お金の不安を抱えている人は少なくない。会社員だからと安心することなかれ。ほんの少しの知識の違いが、長い目で見れば大きな差を生むはずだ。人生100年時代を賢く生き抜くためにも、お金のことを知り、お金を味方につけることが不可欠である。

    『すみません、金利ってなんですか?』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『すみません、金利ってなんですか?』が気になる方におすすめ

    世界一受けたいお金の授業
    著者:和仁達也
    発売日:2020年03月
    発行所:三笠書房
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784837928201

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る