• fluct

  • ストレスは「やりがい」のそばにある?人生を変えるストレスマネジメント法【総合4.2】

    2020年05月30日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    スタンフォードのストレスを力に変える教科書
    著者:ケリー・マクゴニガル 神崎朗子
    発売日:2019年10月
    発行所:大和書房
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784479307839

     

    『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』の要点

    1.強いストレスの有無だけでは、死亡リスクに影響はない。だがストレスを受け、さらに「ストレスは健康に悪い」と考えていると、死亡リスクが高まる。

    2.ストレス反応には、よく知られている「闘争・逃走反応」の他にも、「チャレンジ反応」「思いやり・絆反応」がある。

    3.一般に信じられていることとは異なり、ストレスホルモンの分泌量が多い方が、パフォーマンスは上がる。また、ストレスの効果に自覚的な方が、ストレスの効果を利用しやすい。

     

    『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』レビュー

    本書は「ストレス」の正しい捉え方、付き合い方について書かれたものだ。なかには従来の考えとは異なる内容も含まれており、にわかには受け入れがたい部分もあるかもしれない。だがさまざまな科学的調査や実験データに裏付けられており、説得力が感じられる。

    本書はPart1とPart2に分かれている。「ストレスを見直す」と題されたPart1では、「マインドセット(考え方)が体に影響を与える」という研究の紹介から始まる。その後、ストレスを感じたときの反応の種類、ストレス研究の歴史などが紹介される。興味深いことに、ストレス源と生きがいは重なることが多い。実際、ストレスが多い人のほうが、より人生に充実感を覚えているという調査結果もある。

    続く「ストレスを力に変える」と題されたPart2では、ストレスを味方につけるためのマインドセットが語られる。強いストレスを感じた際、どのようにしてストレスをパフォーマンス向上に役立てるか、バーンアウト(燃え尽き)しないように働くにはどう目標設定すればいいのか、逆境を克服するにはどうしたらよいかなど、実験データや調査結果、具体事例などとともに明かされるのがポイントだ。

    さらにストレスに強くなるための「エクササイズ」が、本書ではいくつも紹介されている。「読んで終わり」ではなく、具体的に実践できるわけだ。しかも一度これらのエクササイズをやるだけで、一生ストレスを味方につけることができるという。これはやってみるしかないだろう。

    『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』が気になる方におすすめ

    スタンフォードの自分を変える教室
    著者:ケリー・マクゴニガル 神崎朗子
    発売日:2015年10月
    発行所:大和書房
    価格:814円(税込)
    ISBNコード:9784479305583

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る