• fluct

  • 「正義中毒」への処方箋。モヤモヤや生きづらさを感じたら読みたい本【総合3.7】

    2020年05月15日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    人は、なぜ他人を許せないのか?
    著者:中野信子
    発売日:2020年01月
    発行所:アスコム
    価格:1,320円(税込)
    ISBNコード:9784776210269

     

    『人は、なぜ他人を許せないのか?』の要点

    1. 他人を許せない「正義中毒」には、誰もが陥る可能性がある。人間は脳の構造上、自分の属している集団以外を受け入れられず、攻撃しやすい傾向にある。

    2.社会全体で「正義中毒」の方向へと突き進むと、多様性を狭めてしまうことになり、非常に危険だ。

    3.正義中毒から自分を解放させるには、普段から前頭前野を鍛え、メタ認知の力を身につけることが重要となる。

     

    『人は、なぜ他人を許せないのか?』レビュー

    インターネットが普及した今、世の中の出来事を知るのは非常に簡単になった。それは裏を返せば、良いことも悪いことも、瞬く間に広がってしまうということでもある。特に芸能人の不祥事、スキャンダルなどは格好のネタとなる。

    そんなときに必ず起こるのがSNSなどでの「炎上」である。問題の当事者でもないのに、行き過ぎたコメントもあるわけである。彼らの指摘は間違ってはいない。だが、それをわざわざ全世界の人々が見られる場で、そんな攻撃的な言葉で叩く必要があるのか。

    脳科学者としても著者としても活躍する著者・中野信子氏は、そのような状態を「正義中毒」と呼んでいる。この言葉を目にしたとき、軽い衝撃を受けたと同時に腑に落ちたように感じた。「そうか、あれは中毒状態なのか!」と。

    怖いのは、誰しもがその状態に陥る可能性があるということだ。他人に「正義の制裁」を加えると、脳の快楽中枢が刺激され、快楽物質のドーパミンが放出される。すると、罰する対象をさらに探し始めるようになってしまう。本書を読むと、それが他人事ではないと身をもって感じられる。こうした負の状況から距離をとるために、できることは何なのか? 「許せない」と思ってしまう人間の脳の仕組み、穏やかに生きるために著者が推奨する脳のトレーニング方法など、知っておきたい内容ばかりだ。「正義中毒」への処方箋として、モヤモヤや生きづらさを感じている方に本書をおすすめしたい。

    『人は、なぜ他人を許せないのか?』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『人は、なぜ他人を許せないのか?』が気になる方におすすめ

    空気を読む脳
    著者:中野信子
    発売日:2020年02月
    発行所:講談社
    価格:946円(税込)
    ISBNコード:9784065118245

     




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る