• fluct

  • ビジネストークにもお役立ち!知ってると一目置かれる「落語」の世界【総合3.7】

    2020年04月18日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    教養としての落語
    著者:立川談慶
    発売日:2020年01月
    発行所:サンマーク出版
    価格:1,540円(税込)
    ISBNコード:9784763138071

     

    『ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語』の要点

    1. 落語は仏教の説教のために作られた『醒睡笑(せいすいしょう)』を起源としており、江戸時代には庶民の娯楽として広まった。落語の噺は時代を超えて愛される普遍性を持ち、現代でも人気を集めている。

    2.落語界には、七代目立川談志をはじめ、数多くの伝説の落語家が存在する。

    3.日常会話に落語のネタを織り込むことで、教養のある人という印象を与えることができる。代表的な人情話の「芝浜」をはじめ、古典落語には現代の生活にも当てはまる噺が多く存在している。

     

    『ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語』レビュー

    落語は江戸時代に生まれ、現代に至るまで400年もの間日本人を魅了してきた伝統芸能である。古典落語は時代を超えて人の笑いと共感を呼ぶ普遍性の高い噺(はなし)であり、そこには日本の文化や価値観、日本人の変わらない本質が反映されている。

    落語は、大物政治家や経営者、ビジネスパーソンが「人の心をつかむ術」を身につけるためのツールとしても活用されてきた。また、日常会話の中にもさりげなく落語のネタを入れると、洗練された印象を相手に与えることができる。

    本書は、落語界のレジェンドのひとりである立川談志の弟子で、元ビジネスマンという異色の経歴を持つ立川談慶氏が、ビジネスエリートの教養のひとつとして落語を解説している。代表的な古典落語のあらすじや、落語界の昇進制度や派閥、伝説として語り継がれる有名な落語家の紹介など、この1冊を通読することで落語に関する基本的な知識を身につけることができる。

    また、落語と同様、江戸時代から続く伝統芸能である歌舞伎や能、狂言、文楽、講談についても、落語と比較する形で紹介されているほか、国柄や人種によって異なる「世界の笑い」についても学ぶことができる。

    江戸時代から400年続いてきた落語は日本人の心を映す鏡であり、「知性の塊」と言える。その落語を知っておくことで、これからビジネスしていく上での知恵や心構えをも自分のものにできるだろう。

    『ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語』が気になる方におすすめ

    トップの教養
    著者:倉山満
    発売日:2020年03月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784046047274




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る