• fluct

  • 残業ゼロ。佰食屋はいかにして「社員の働きやすさ」と「会社の利益」を両立させたか?【総合4.3】

    2020年03月01日
    知る・学ぶ
    本の要約サイト flier(フライヤー)
    Pocket

    売上を、減らそう。
    著者:中村朱美
    発売日:2019年06月
    発行所:ライツ社
    価格:1,650円(税込)
    ISBNコード:9784909044228

     

    『売上を、減らそう。』の要点

    1. 1日100食限定にし、それ以上の売上を諦めれば、従業員もお客様も満足できる経営が実現できる。

    2.100食限定だからこそ、早く帰って、その後の時間を自由に過ごせる。これが最高のインセンティブとなる。

    3.「誰がやってもできる仕事」にこだわることで、マイノリティ人材も活躍でき、従業員、お客様両方のダイバーシティが実現した。

    4.1日100食という目標以外すべての数字を捨てたことで、業績至上主義から解放された。

     

    『売上を、減らそう。』レビュー

    『売上を、減らそう。』、なんと衝撃的なタイトルだろう。どの企業も売上を伸ばし、業績を上げるために必死だというのに、どういうことだろうか。

    著者は京都の小さな定食屋「佰食屋」を経営している。売上を追うことをやめ、「1日100食限定」を掲げることで、「社員の働きやすさ」と「会社の利益」の両方を実現している。本書は、そんな画期的な佰食屋の経営手法を余すことなく解説した一冊で、読者が選ぶビジネス書グランプリ2020 イノベーション部門賞を受賞した作品だ。「年収は百貨店と同水準」「18時には全従業員が帰宅」「賞与は年3回」「有給休暇は100%取得」。飲食業界の常識を覆すような言葉が並ぶ。これらはすべて、1日100食限定と決めたことによる効果だという。

    「社員を犠牲にしてまで追うべき数字なんてない」。著者のこうした信念のもとに、従業員全員が働きやすく、持続可能な「奇跡のビジネスモデル」が誕生した。結果、佰食屋では、いろいろな背景をもつ人が生き生きと働いており、ダイバーシティが実現されている。働き方改革が叫ばれて久しいが、労働力人口の減少の進展とともに、業績至上主義は限界を迎えつつある。私たちは「豊かさ」について真剣に問い直し、新たな働き方や経営の道を模索すべきではないだろうか。本書はそのための大事な視点を与えてくれる。

    佰食屋のような超ホワイト企業が、どのように生まれ、維持されているのか。そこには、絵空事ではない、「経営と働き方のイノベーション」があった。日々追われる「数字」をいったん忘れて、ぜひとも本書をお読みいただきたい。

    『売上を、減らそう。』のもっと詳しい要約はこちらで公開中! 〉〉

     

    『売上を、減らそう。』が気になる方におすすめ

    味の素「残業ゼロ」改革
    著者:石塚由紀夫
    発売日:2019年10月
    発行所:日経BPM(日本経済新聞出版本部)
    価格:1,760円(税込)
    ISBNコード:9784532323059




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る