• fluct

  • 「巨人の肩に乗って見える世界」当代随一の読書家・出口治明が出会った名言

    2020年02月03日
    知る・学ぶ
    日販 ほんのひきだし編集部 吉田
    Pocket

    ライフネット生命保険株式会社の社長をつとめ、現在は立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さん。昨年発売された、哲学と宗教を網羅した教養書『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)は、ビジネスパーソンを中心に読まれ、ベストセラーとなっています。

    出口さんは読書家としても知られており、これまで読んだ本は1万冊を超え、今も週に5~6冊読んでいるそうです。

    そんな出口さんが出会った名言を集めた『人生の教養が身につく名言集』が発売されました。

    人生の教養が身につく名言集
    著者:出口治明
    発売日:2020年01月
    発行所:三笠書房
    価格:1,430円(税込)
    ISBNコード:9784837928126

    歴史上の思想家・作家の名言やエピソードを引用しつつ、出口さんが日々考えている思索が並んだエッセイです。

     

    「教養」とは、人生を面白おかしく、ワクワクしながら生きるための知恵

    本書は、2016年に出ている同タイトルの本を再編集したもの。

    本書の冒頭では、12世紀ルネサンス期フランスの哲学者、ベルナール・ド・シャルトルの「巨人の肩に乗っているから、遠くを見ることができる」という名言が引用されています。

    先人たちの知恵を巨人になぞらえて、彼らをよく学ぶことで世界をより広く、深く見ることができると出口さんは語ります。

    出口さんにとって「教養」とは、人生を面白おかしく、そしてワクワクさせてくれるツールです。人は何かを学んで知ったとき、「生きるための選択肢」「人生を楽しむための選択肢」など、さまざまな選択肢が現れます。「教養がある」=その分、面白い生き方ができるとも言えるのです。

    しかし、学ぶことには時間も根気もかかりますし、一朝一夕で知恵は得られません。

    そういった時に「名言」を知ることが、「知る・学ぶ」きっかけになることがあります。「名言」とは、いわば知恵をシンボライズしたもの。その要素を知ることで、教養への入り口に触れることができます。

    目次
    第1章 人生について考えが深まる名言集
    第2章 人間関係心得を教えてくれる名言集
    第3章 読むだけで「考える力」がつく名言集
    第4章 より賢く生きるための名言集
    第5章 「仕事の極意」を教えてくれる名言集
    第6章 「生きる知恵」を教えてくれる名言集

    本書では、思想家・作家の名言を引きながら、出口さんの教養についての話やライフネット生命を創立したときの話など、出口さんのことを知る読み物として面白い内容になっています。

    名言からの知る教養だけではなく、「出口治明」という巨人の肩を借りることで、人生を楽しむ選択肢を見つけられるかもしれません。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る