『永遠の仔』『悼む人』の天童荒太さんが、3.11後の福島を舞台に描く、生への祈りの物語

天童荒太さんの最新長編『ムーンナイト・ダイバー』は、3・11から5年となる福島を舞台に、「生」の痛みと尊さを深く静かに見つめる物語だ。 元漁師で、いまはダイビングのインストラクターとして働く瀬奈舟作は、月明かりの下、亡父 … 続きを読む 『永遠の仔』『悼む人』の天童荒太さんが、3.11後の福島を舞台に描く、生への祈りの物語