• fluct

  • バンダイ全面協力!「仮面ライダー ブットバソウル」完全再現の組み立て付録がすごい【作ってみた】

    2019年12月06日
    楽しむ
    日販 雑誌仕入課 YM
    Pocket

    子どもたちだけでなく、幅広い世代に人気の「仮面ライダーゼロワン」。

    そんなゼロワンをモチーフにしたアーケードゲーム「仮面ライダー ブットバソウル」の筐体が、バンダイ全面協力のもと、組み立て付録として完全再現されました。

    この付録が手に入るのは、11月29日(金)より発売中の「テレビマガジン」1月号(講談社)。なんと本物のブットバソウルメダルやポスターも付いています。

    今回はこの付録を実際に作って、遊んでみます!

    テレビマガジン 2020年 01月号
    著者:
    発売日:2019年11月29日
    発行所:講談社
    価格:980円(税込)
    JANコード:4910065750108

    「仮面ライダー ブットバソウル」とは?
    ガシャポンで購入したメダルを使って遊ぶ「くじガシャポン!」シリーズのアーケードゲーム。
    メダル裏のQRコードを読み込ませるとゲームが始まり、抽選ゲームがスタートする(抽選ゲームは無料)。
    当選確率は、使ったメダルの種類、サポートアイテムの追加によって変動。
    スキャンが終わったら敵とのバトルが始まり、ボタンを連打してショッカー戦闘員をアタリラインまでブッとばすことができると、ガシャポンを回して激レアメダルや激レアエナジーアイテムを手に入れることができる。

     

    さっそく作ってみよう

    まずは、付録が入っている袋を開けてみます。

    入っているのは……
    ・Aパーツ・Bパーツ(紙製の台紙 各1枚)
    ・透明のプラパーツ
    ・黄色いスポンジ 3個
    ・カプセル 12個(4色×3個)

    本誌の説明を読みながら、まず内部のユニットを作り、ボタンパーツを作り、本体の外壁を取り付けていきます。

    内部ユニット作成中。この時点では全貌が掴めませんが、何やら射出口のようなものが……。

    ボタンパーツ完成。スポンジはここで使うんですね。スポンジがバネの役割を果たし、カプセルを射出するようです。

    本体パーツと合体させたところ。このステップで一気に完成像に近づきます。

    プラパーツは、ガシャポンの窓の部分になるんですね。

    だいぶできてきました! 完成までもう少し!

     

    完成! ブットバソウルマシン!

    ついに完成しました!

    実際の筐体を撮影した画像が使われているので、ゲーム画面まで本物そっくり。「テレビマガジン」本誌より少し大きめのサイズです(320mm×180mm)。

    普段は見られない筐体の裏側まで再現されているので、眺めているだけで楽しいです。

    遊び方は簡単で、ボタンを押し込むとカプセルが「ポーン」と飛び出します。無料で遊びまくれるのも嬉しい。

    出てきたカプセルは、後ろの穴から補充します。

     

    本物のメダルは、テレマガ限定の最新フォーム!

    そして、冒頭で触れたとおり「テレビマガジン」1月号には、組み立て付録だけでなく本物のブットバソウルメダルやポスターも付いています。

    メダルは仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー! 「テレビマガジン」だけの限定アイテムです。

    「テレビマガジン」1月号は、全国の書店・コンビニエンスストアで発売中。ぜひお早めにお買い求めください。




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る