• fluct

  • ゆかりの文人をイメージした客室、大正15年創業の蓼科親湯温泉に 太宰治、高浜虚子、伊藤左千夫など

    2019年11月25日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    長野県にある大正15年創業の老舗ホテル「蓼科親湯温泉」にて、11月26日(火)、太宰治、高浜虚子、土屋文明、伊藤左千夫、斎藤茂吉ら10人の文人をイメージした客室「蓼科倶楽部」が完成することが発表されました。

    (写真)伊藤左千夫などの掛け軸を施したアララギ派スイート

    蓼科親湯温泉は、太宰治が新婚旅行で訪れるなど、明治・大正・昭和の歴史を彩る数々の文人に愛されてきた場所。創業100周年へ向け、昨年は個室レストランと3万冊の蔵書ラウンジ&バーが新設されました。

    そして今年4月には、全客室をリニューアル。その際スイートルーム各室が、文人をイメージしたモダンクラシックなデザインに改装されました。

    イメージした各10室の文人は、アララギ派、幸田文、高浜虚子、島木赤彦、土屋文明、伊藤左千夫、斎藤茂吉、太宰治、小堀杏奴、柳原白蓮。特に伊藤左千夫は、自然豊かな蓼科を気に入って明治42年に「蓼科山歌」10首をこの宿で詠み、以降蓼科で歌会が催されるようになるなど、当時まだ無名だった“地元の湯治場”蓼科親湯温泉を世に広めました。

    11月26日(火)に各文人のポートレイトが客室に飾られることで、「蓼科倶楽部」が完成します。

    ▼太宰治をイメージしたスイート

    ▼伊藤左千夫のポートレイト

    ▼蔵書ラウンジ&バーには、全集のほか、出版された昭和初期の装丁そのままの貴重な本も。

    蓼科親湯温泉
    〒391-0301 長野県茅野市北山蓼科高原4035
    https://www.tateshina-shinyu.com/

     

    関連記事

    ブックホテルに“入場料のある本屋” 「本との偶然の出会い」を生む話題のスポットがグッドデザイン賞を受賞




    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る