• fluct

  • ほぼ実話!映画「“隠れビッチ”やってました。」予告編・場面写真が解禁

    2019年09月27日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    映画「“隠れビッチ”やってました。」の公開日が12月6日(金)に決定し、あわせて同作の予告編とポスタービジュアル、場面写真が解禁されました。

    映画「“隠れビッチ”やってました。」は、イラストレーター・漫画家のあらいぴろよさんが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、「旅猫リポート」の三木康一郎監督が映画化した作品。

    「異性にモテることが趣味であり特技」な“隠れビッチ”のモテ戦術を面白おかしく描きつつ、その裏に潜む心の隙間や歪みに寄り添う内容となっています。

    主人公・荒井ひろみを演じるのは、本作が映画初主演となる佐久間由衣さん。そのほか、シェアハウス仲間のコジと彩を村上虹郎さん・大後寿々花さん、ひろみに翻弄される男性たちを小関裕太さん、森山未來さん、前野朋哉さん、片桐仁さん、前川泰之さん、栁俊太郎さん、戸塚純貴さんが演じます。

     

    清純派に擬態し、告らせては振って傷つける…… オトした男の数は、3年間で600人!

    このたび解禁された予告編には、男にチヤホヤされることを生きがいにしている“隠れビッチ”が、本当の恋に出会い、自分の弱さと向き合い成長していく姿が映し出されています。

    清純を装い、告白させては振って傷つけることを繰り返すひろみが、3年間で振った男の数はなんと600人!

    ボディタッチや褒め殺し……モテテクで次々に男性を虜にしていくひろみの無双ぶりは痛快ですが、彼女はその駆け引きを心の底から楽しんでいるわけではありませんでした。

    「傷つくだけだから」と避けてきた“本気の恋”と、愛されないことへの不安、現実からすぐに逃げたくなってしまう自分の弱さ。「自分に自信がないからってね、男に逃げるのやめなさい」「ちゃんとした人間になりなさい」というコジの言葉に、ひろみはどう変わっていくのでしょうか?

     

    関連記事

    原作コミック紹介:3年間で200人! 異性からのモテで自分を満たす「隠れビッチ」の末路は……

     

    映画「“隠れビッチ”やってました。」作品情報

    【STORY】
    26歳の独身女・ひろみ(佐久間由衣)の趣味&特技は異性にモテること。絶妙のタイミングでのスキンシップや会話術で相手を翻弄し、「好きです」と告白させたら即フェイドアウト。そんなひろみに、シェアハウス仲間のコジ(村上虹郎)と彩(大後寿々花)は呆れ顔で「最低の“隠れビッチ”ね!」とたしなめるも、彼女の耳には届かない。ある日、気になるお相手・安藤(小関裕太)が現れるが、数年ぶりの負け試合。さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づき、ショックを受ける。やけ酒をあおり酔いつぶれているところを、同じ職場の三沢(森山未來)に目撃される。ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明け、自分の過去と向き合い始める――。

    12月6日(金)全国ロードショー

    出演:佐久間由衣 / 村上虹郎 大後寿々花 小関裕太 / 森山未來
    監督・脚本:三木康一郎
    原作:あらいぴろよ『“隠れビッチ”やってました。』(光文社刊)

    2019年/日本/日本語/112分/カラー/ビスタ/5.1ch
    配給:キノフィルムズ/木下グループ

    kakurebitch.jp

    “隠れビッチ”やってました。
    著者:あらいぴろよ
    発売日:2016年09月
    発行所:光文社
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784334978877

    © 2019『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る