• fluct

  • 星野源主演「引っ越し大名!」 大役抜擢で書庫から引きずり出された“かたつむり”の奮闘を描く:今週公開の映画

    2019年08月30日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    8月30日公開「引っ越し大名!」

    「引っ越しは……戦でござる!」―― 人付き合いが苦手で書庫にこもってばかりの“引きこもり侍”が、藩の超重要プロジェクトでリーダーに抜擢!?

    『超高速!参勤交代』などで知られる土橋章宏さんの時代小説『引っ越し大名三千里』が、星野源さん主演×「のぼうの城」の犬童一心監督、高橋一生さん・高畑充希さんら出演という豪華キャストで映画化!! ついに公開されます。

    「引っ越し大名!」は、生涯に7回もの国替え(=引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩にまつわるエピソードをもとにした、あらん限りの知恵と工夫で苦難を乗り越えようとする藩士たちの汗と涙と笑いの物語。

    現代でも、引っ越しにはまとまったお金やさまざまな手続きが必要です。それが藩の引っ越しとなれば、藩士だけでなくその家族も対象となり「予算は?」「日数は?」「全員連れていけるのか?」「これだけの家財道具、どうやって運ぶ?」と問題は山積み。

    なのに今回の引っ越しでは、対象者約1万人、姫路(兵庫県)から日田(大分県)まで約600kmの距離を「たった3か月で」「少なくとも2万両かかるところ3千両で」遂行せよとの命令が……。

    思案したところ、荷物を減らすだけでなく、リストラも必至との結論が出た大規模な引っ越し。もちろん藩士全員の協力が必要になるのですが、いかんせん総責任者は「かたつむり」とあだ名されるほどの引きこもり侍です。

    このプロジェクト、果たしてうまくいくのでしょうか?

    藩の書庫番をつとめる「かたつむり」こと片桐春之介を星野源さん、藩主・松平直矩を及川光博さんが演じるほか、春之介とは対照的な、武芸に秀でた豪快な性格の幼なじみ・源右衛門を高橋一生さん、激務が原因で亡くなった前任の“引っ越し奉行”の娘・於蘭を高畑充希さんが熱演。

    春之介の知られざる才能と、一人の人間としての成長、源右衛門の大立ち回り、於蘭との恋路など、見どころ盛りだくさんの内容です。ユーモアたっぷりの演出に思わず笑ってしまうとともに、きっと「明日からまた頑張ろう」と背中を押されるはず。

    「引っ越し大名!」
    監督:犬童一心
    原作・脚本:土橋章宏『引っ越し大名三千里』(ハルキ文庫刊)
    出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
    主題歌:ユニコーン「でんでん」(作詞:川西幸一/奥田民生 作曲:奥田民生)(Ki/oon Music)
    配給:松竹
    ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会

    あらすじ
    姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、書庫にこもりっきりで人と話すのが苦手な引きこもり侍。
    あるとき、藩主の松平直矩(及川光博)は、幕府に姫路(兵庫)から日田(大分)への国替え(引っ越し)を言い渡される。当時の引っ越しは全ての藩士とその家族全員で移動するという、桁外れの費用と労力がかかる“超難関プロジェクト”。しかも藩の財政は逼迫しているため、引っ越しを成功させるためには家財を減らし、人も減らし(リストラ)、さらには商人から借金までしなければならない。全ては国替えの総責任者、【引っ越し奉行】の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから色んな知識があるだろうと、なんと春之介に白羽の矢が立った!
    突然の大役に怖気づく春之介は、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして前代未聞の引っ越し準備が始まった!
    移動人数10,000人!距離600km!予算…なし!?
    果たして春之介はこの超難関プロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

    原作はこちら

    引っ越し大名三千里
    著者:土橋章宏
    発売日:2016年05月
    発行所:角川春樹事務所
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784758440011

     

    8月30日公開「トールキン 旅のはじまり」

    『指輪物語』『ホビットの物語』などで知られ、ファンタジー文学界に大きな影響を与えたイギリスの作家、J.R.R.トールキンの前半生が映画化。トールキンは世界中で作品が愛される一方、自身の素顔はほとんど知られていません。

    本作では、トールキンの“物語との出会い”、夢を追いかけた仲間との友情、のちに妻となるエディスとの恋、そして、そのすべてを引き裂いた第一次世界大戦での過酷な経験などが描かれます。

    あらすじ
    部下が止めるのも聞かず、「友人を捜す」と塹壕をふらふらとさまようジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(ニコラス・ホルト)。1916年、第一次世界大戦が激化する中、フランスのソンムの戦いで消息を絶った親友のジェフリー・スミス(アンソニー・ボイル)の姿を求めて力尽きたトールキンは、戦地に横たわり過去に想いを馳せる。

    幼い頃に父を亡くしたトールキン(ハリー・ギルビー)は、母と弟のヒラリーと美しい自然に囲まれた英国のセアホール・ミルに暮らしていた。生活は苦しかったが、母は想像の翼を広げて物語を創作し、心を豊かにする術をトールキンに教えてくれた。だが、その母もトールキンが12歳の時に逝ってしまう。
    母の友人のフランシス・モーガン神父(コルム・ミーニイ)が後見人となり、フォークナー夫人(パム・フェリス)の家に下宿しながら、キング・エドワード校に通うことになる。だが、奨学生で孤児のトールキンは孤立していた。
    きっかけこそはケンカだったが、トールキンはそこでかけがえのない絆を結ぶ3人の少年と出会う。厳格な校長の息子で画家志望のロバート・ギルソン(アルビー・マーバー)、劇作家を目指し詩作にも長けたジェフリー・スミス(アダム・ブレグマン)、すでにクラシック音楽の作曲家として1曲出版しているクリストファー・ワイズマン(タイ・テナント)だ。バロウ・ティールームに入り浸り、お茶を飲みながらあらゆることを議論する4人は、自分たちの集まりを秘密クラブ〈T.C.B.S.〉と名付け、彼らから刺激を受けたトールキンは、物語の創作力と絵の才能を磨き上げていった。
    もう一つの素晴らしい出会いは、同じ家に下宿しているエディス・ブラット、コンサートピアニストを目指して勉強中の3つ年上の女性だ。孤児という境遇や、物語といたずらが好きという共通点を持つ二人は、すぐに惹かれ合い絆を深めていく。

    (映画「トールキン 旅のはじまり」公式サイトより)

    トールキンの作品はこちら

    指輪物語 1 新版
    著者:J.R.R.トールキン 瀬田貞二 田中明子
    発売日:1992年07月
    発行所:評論社
    価格:756円(税込)
    ISBNコード:9784566023628

    もっと見る

     

    8月30日公開「おしえて!ドクター・ルース」

    90歳、アメリカで最も有名なセックス・セラピスト。

    誰にも聞けない・教えてくれない性の悩みへの“処方箋”を届けるとともに、チャーミングなキャラクターで愛されるドクター・ルースの人物像にも迫るドキュメンタリーです。

    あらすじ
    1981年ニューヨーク。日曜深夜、ラジオから流れるトーク番組「セクシャリー・スピーキング」に人々は夢中になった。誰も教えてくれない性のお悩みをズバリと解決するドクター・ルース。身長140センチ、強いドイツ訛りの彼女は、そのチャーミングなキャラクターで、たちまちお茶の間の人気者になった。性の話はタブーだった時代に、エイズへの偏見をなくすべく立ち上がり、中絶問題で女性の権利向上を後押し、LGBTQの人々に寄り添ってきた。

    家族をホロコーストで失った少女時代。 終戦後はパレスチナでスナイパーとして活動。女性が学ぶことが難しかった時代に大学で心理学を専攻。アメリカに渡り、シングルマザーとなり娘を育てた。そして30歳の時に、3度目の結婚で最愛の夫フレッドと出会う。自分らしく生きるために学び、恋し、戦い、働く。いつだって笑顔で前を向く“ドクター・ルース”はいかに誕生したのか。ドクター・ルースが贈るポジティブで型破りな処方箋が日本に初上陸する!

    (映画「おしえて!ドクター・ルース」公式サイトより)

    ドクター・ルースの著書はこちら(ほか多数)

    Dr.ルースのセイファー・セックス・ガイド
    著者:ルース・ウエストハイマー 池上千寿子
    発売日:1999年05月
    発行所:勁草書房
    価格:2,160円(税込)
    ISBNコード:9784326298624

     

    8月30日公開「ガーンジー島の読書会の秘密」

    「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」「スリー・ビルボード」のプロデューサー陣が再びタッグを組んだ新作映画。

    第二次世界大戦中、英国で唯一ドイツの占領下にあったチャネル諸島の一つ「ガーンジー島」を舞台に、一つ謎を解くたびに人々の絆が一つ結ばれていく“幸せな”ミステリーが描かれます。

    あらすじ
    1946年、終戦の歓びに沸くロンドンで暮らす作家のジュリエットは、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチに脅えていた大戦中は、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らを支えていた。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがて彼女は、エリザベスが不在の理由にたどり着くのだが――。

    (映画「ガーンジー島の読書会の秘密」公式サイトより)

    原作はこちら

    ガーンジー島の読書会 上
    著者:メアリー・アン・シェイファー アニー・バロウズ 木村博江
    発売日:2013年11月
    発行所:イースト・プレス
    価格:1,674円(税込)
    ISBNコード:9784781610986

     

    8月30日公開「この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」

    「このすば」の愛称で国内・海外から支持を得る人気ライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』、ついに銀幕へ!!

    TVアニメシリーズを手がけた金崎貴臣監督、上江洲誠さん(脚本)、菊田幸一さん(キャラクターデザイン)が集結し、アニメーション制作はJ.C.STAFFが担当。特典付き前売り券のほか、劇場販売のグッズも盛りだくさんです。

    あらすじ
    交通事故(!?)によりあっけなく人生の幕を閉じるはずだったゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、ひょんなことから、女神・アクアを道ずれに異世界転生することに。
    「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ! めざせ勇者!」と舞い上がったのも束の間、転生したカズマには厄介なことばかり降りかかる。

    トラブルメーカーの駄女神・アクア、中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん、妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになったり、借金で首が回らなくなったり、国家転覆罪の容疑で裁判にかけられたり、魔王軍の幹部を討伐したり、たまに死んだり……。

    そんなある日、駆け込んできた紅魔族の少女・ゆんゆんの爆弾発言にカズマたちは凍りつく。

    「私、カズマさんの子供が欲しい!」

    事情を聞けば、めぐみんとゆんゆんの生まれ故郷「紅魔の里」が、滅亡の危機に瀕しているという。
    里を救うために旅立ったゆんゆんを追いかけて、紅魔の里へ向かうカズマたちだが――!?

    (映画「この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」公式サイトより)

    原作はこちら

    この素晴らしい世界に祝福を!
    著者:暁なつめ
    発売日:2013年10月
    発行所:角川書店
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784041010204




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る