• fluct

  • 村井の恋1巻

    『村井の恋』がクセになる面白さ!乙女ゲーキャラに激似なDK×オタク女教師の純愛(?)を描く

    2019年08月16日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 浅野
    Pocket

    学園ラブストーリーの定番である、“教師と生徒”というモチーフ。未成年が相手、まして自分は教育者となれば、想い合っていても恋人になることは許されない……という「障害」が情熱をいっそう駆り立てるものなのですが、今回紹介する『村井の恋』はどうやら様子が違います。

    昨年Twitterに投稿されるや話題になり、「一度読んでも定期的にまた読みたくなってしまう」とやみつきになる読者も多い本作。『村井の恋』とは、どんな作品なのでしょうか?

     

    「難攻不落な鉄の女がイケメン高校生に翻弄される話」のような、そうでないような……?

    本作のメインキャラクターは、男子高校生の「村井」と、彼のクラス担任をつとめる“鉄壁の女=鉄子”こと「田中先生」。

    一見「キラキライケメン×難攻不落のドライな女性教師」という組み合わせに見えますが、少し前の村井はこんな外見でした。

    彼に何があったのかというと、ある日のこと。大学受験を控えた村井たちのクラスで、進路希望調査が行なわれました。

    実は村井は、成績優秀。しかし彼の希望する進路は……

    田中先生はこれを「何がどうあれ、第一に私、男の黒髪ロン毛って恋愛対象外なの」「ですから進路のこと、ちゃんと考えてきてくれますね?」と一蹴。

    村井も特に反論せず「アドバイスありがとうございます」と引き下がったように見えたのですが……

    村井の導き出した答えは「進路先の希望は変えず、進路先の内申点を上げる(=黒髪ロン毛をやめる)」というものでした。村井はあくまで本気です。

     

    「内申点対策」を取った村井の選択は、ある意味正解だった

    しかし田中先生にとっては、この「髪型チェンジ」がまずかった。

    なぜなら田中先生は、実は乙女ゲーの熱心なオタク。そして髪型を変えた村井は、田中先生の推しキャラ「春夏秋冬(ヒトトセ)くん」と瓜二つだったのです……。

    「私には推しがいるから恋人なんかいらない」「野郎と時間作って無駄に金を費やすくらいなら、新しいゲーム買うわ」

    そんな人生を送ってきた田中先生、まさか推し(に激似の男性)が3次元で目の前に現れるなんて、露ほども思っていなかったに違いありません。

    実際にそれ以降田中先生は、一度はっきり「好きでいることを諦めてほしい」とは伝えるものの、この外見と村井の言動によって相当難儀することになります。

    なにせ頭で理解しているつもりでも、目の前にいるのはどう見ても「春夏秋冬くん」なのですから。

    一方の村井は、田中先生がたまに口走る「ヒトトセくん」という謎の存在の正体に迫り、ついにそれがゲームのキャラクターであることを突き止めます。

    村井の恋

    「負けられない」とはもちろん「恋敵に負けられない」という意味なのですが、村井はいったいどうやって春夏秋冬くんに勝つのでしょうか?

    こちらにとっては一向に先が読めませんが、彼の迷いのない目からは、すでに戦略があるように伺えます。

    シレッとした顔して愛する先生に猪突猛進な村井くんと、鉄壁のはずがあたふたしまくりな田中先生。2人の恋(?)の行方に要注目です。

     

    『村井の恋』

    村井の恋 1
    著者:島順太
    発売日:2018年12月
    発行所:KADOKAWA
    価格:880円(税込)
    ISBNコード:9784040653334

    『村井の恋』は、現在「ジーンLINE」にて連載中。単行本は第2巻まで発売されています。

    また『村井の恋』は、「WEBマンガ総選挙2019」のノミネート作品でもあります。

    「WEBマンガ総選挙」は、読者投票によってWEBマンガのNo.1を決めるWEBマンガのお祭り。現在投票受付中で、『村井の恋』が10位以内に入賞した場合、村井は「田中先生・春夏秋冬くんと3人で行く地獄の三角関係デート」へ出かけることになるそうです。

    〉「WEBマンガ総選挙2019」についてはこちら
    https://hon-hikidashi.jp/enjoy/88645/




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る