• fluct

  • ブックホテル「箱根本箱」1周年記念! 作家・俳優らによる一箱選書、滞在時に谷川俊太郎が執筆した詩の限定公開など

    2019年07月25日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    「本に囲まれて『暮らす』ように滞在」をコンセプトに、2018年8月1日にオープンしたブックホテル「箱根本箱」。

    開業1周年を迎え、8月1日(木)から2つの記念企画と、夏限定のイベントがスタートします。

    一つは、各界の著名人が“ひと箱ぶん”の選書を行なう「あの人の本箱2019」。もう一つは、谷川俊太郎さんが昨秋「箱根本箱」に滞在した際に綴った3篇の詩の限定公開です。

    箱根本箱についてはこちら
    強羅温泉で心ゆくまで読書を楽しむ!話題のブックホテル「箱根本箱」を完全レポート

     

    SPECIAL①「あの人の本箱2019」

    開業時からの人気企画である「あの人の本箱」は、各界で活躍する人々の選書によるオリジナル本箱を、館内のあちこちに設置するというもの。

    開業1周年を迎えるにあたり新たに24名が参加し、さらなる“新たな本との出会い”を生み出します。

    ・朝吹真理子(作家)
    ・石村由起子(くるみの木 主宰)
    ・江國香織(作家)
    ・角川春樹(角川春樹事務所 代表取締役社長)
    ・椎名誠(作家)
    ・高橋源一郎(作家)
    ・チェ・ジョンファ(現代アーティスト)
    ・長尾智子(フードコーディネーター)
    ・ハナレグミ(永積崇)(音楽家)
    ・林真理子(作家)
    ・森田敦子(ルボア フィトテラピースクール代表)
    ・山口周(独立研究者)
    ・石上純也(建築家)
    ・内田也哉子(文章家)
    ・鏡リュウジ(占星術研究家・翻訳家)
    ・川上未映子(作家)
    ・重松清(作家)
    ・田中慎弥(作家)
    ・中村獅童(歌舞伎役者)
    ・長坂常(建築家)
    ・二階堂ふみ(女優)
    ・村田沙耶香(作家)
    ・森見登美彦(作家)
    ・山本益博(料理評論家)

    ※50音順

     

    SPECIAL② 谷川俊太郎の詩を限定公開

    詩人・谷川俊太郎さんが「箱根本箱」滞在時に書いた詩を、「書斎の部屋」で12月20日(金)まで限定公開。

    「書斎の部屋」は、詩の専門出版社である思潮社による選書と、窓に向かうデスクが思索にふけるのにぴったりの部屋。通常、メンバーシップ・プログラム「本箱会」会員専用の客室ですが、期間中は宿泊客にも開放されます。

     

    EVENT「本箱夕涼みバー」

    2019年夏の特別企画として、8月1日(木)から9月中旬頃まで、レストランのテラスに「本箱夕涼みバー」が登場します。

    晴れた日の15時から日没までオープンする予定で、詳細は決定次第、「箱根本箱」HP・SNSで告知されます。

     

    連泊割、記念日プランなど宿泊プランも拡充

    そのほか開業1周年を機に、2泊以上でお得になる「連泊割」や、記念日におすすめの「アニバーサリーステイプラン」、1万円分のワインボトルを部屋料金に含めた「自然派ワインをとことん楽しむプラン」など、新しいプランが続々スタートしています。

    また8月16日(金)には、箱根三大祭の一つである「箱根強羅夏まつり 大文字焼」が開催。大文字焼と2,000発の打ち上げ花火は、客室のある2階から見るといっそう迫力が増すそうです。

    この機会にぜひ!

    箱根本箱(はこね ほんばこ)
    〒250-0408 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
    ※箱根登山鉄道 ケーブルカー「中強羅駅」から徒歩4分

    http://hakonehonbako.com/

    ※記事中の写真はすべて、箱根本箱オープン時にほんのひきだし編集部が取材したときのものです。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る