• fluct

  • 7月13日発売のAERAに「ジャニー喜多川社長追悼特集」急きょ掲載 肉声を交えて「YOU!やっちゃいなよ」に込められた思いを伝える

    2019年07月13日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    6月18日(火)に自宅で倒れ闘病中だったジャニー喜多川さんが、3週間の闘病の末、7月9日(火)に87歳で亡くなりました。

    本日7月13日(土)に発売された「AERA」7月22日号(朝日新聞出版)では、この訃報を受け、当初の予定を変更して急きょ「ジャニー喜多川社長追悼特集」を掲載。

    長くジャニーズ事務所やジャニーさん、所属タレントの取材を続けてきた記者が、ジャニーさんの肉声を交えながら、「YOU!やっちゃいなよ」というおなじみの言葉に込められた思いや、戦争の記憶と平和への思いを乗せた「ショー」についてレポートしています。

    AERA (アエラ) 2019年 7/22号
    著者:
    発売日:2019年07月13日
    発行所:朝日新聞出版
    価格:390円(税込)
    JANコード:4910210140792

    記事の見出しは「YOU! やっちゃいなよ この言葉でみんなの背中を押した」。

    自宅で倒れる前日までジャニーズJr.の番組収録に立ち会うなど、最後まで現場を離れなかったというジャニーさん。記事では、なぜジャニーさんがあくまでバックステージに徹し表に出ることをしなかったのか、なぜタレントたちを必ず「YOU」と呼んだのか、華やかなショーになぜ戦争の場面を盛り込んだのかといった疑問の答えが明かされるとともに、ジャニーさんについて語った所属タレントたちの言葉から、ジャニーさんと彼らの関係性が浮かび上がる内容となっています。

    また今号では、ジャニーさんが手がけた舞台「ドリームボーイズ」も特集。

    同作に出演する岸優太さん、神宮寺勇太さん(ともにKing & Prince)、高橋優斗さん(HiHi Jets)、岩崎大昇さん(美 少年)による座談会がジャニーさんの闘病中に行なわれ、岸さんは「今回は一人ひとりジャニーさんがキャスティングしてくださったんです。ジャニーさんの思いに応えられるように、堂々と胸を張って全力でパフォーマンスしたいです」と話していたそうです。




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る