• fluct

  • ラグビーW杯直前!サッカー少年がラグビーにハマっていく成長譚『ラグビー・アカデミー』シリーズ発売!

    2019年07月18日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 吉田
    Pocket

    2015年にイングランドで開催されたラグビーW杯では、日本が強豪・南アフリカ共和国を破り、「ラグビー史上最大のジャイアントキリング」と世界が熱狂しました。

    あの熱狂を再び……。2019年9月、ラグビーW杯が日本で開催されます。このラグビー界の一大イベントを前に、7月18日(木)、児童書の出版社・岩崎書店から『ラグビー・アカデミー』シリーズ(全3巻)の刊行がスタートします。

    ラグビー・アカデミー 1
    著者:トム・パーマー 根本美由紀 大井知美
    発売日:2019年07月
    発行所:岩崎書店
    価格:990円(税込)
    ISBNコード:9784265068913

    ラグビー誕生の地・イギリスで出版された原書を、日本人に読みやすいように再編集。ラグビー初心者にもわかりやすいジュニア向けラグビー小説となっています。

     

    「ラグビー」ってどんなスポーツ? 日本語版はルールと用語の解説つき!

    ラグビーW杯の国内認知率は8割近くなり、チケットの売れ行きも国内外ともによいそうです。しかし、「ラグビー」がどんなスポーツなのか知っている人はあまり多くないのではないでしょうか。

    正式名称は「ラグビーフットボール」。名称からわかるようにサッカーと同じルーツをもったスポーツです。両チーム各15人(13人・12人・7人制などもあります)で戦い、相手の陣地にボールをつける「トライ」、キックしたボールをゴールポストの間に通す「ゴール」によって点が入ります。

    日本語版『ラグビー・アカデミー』には、ラグビーに馴染みのない読者のために、「ルール解説」「用語解説」を特別収録! 本書を読めば、ラグビーの“いろは”がわかります。

    ▲ラグビーはポジションそれぞれに特徴があります。個性を活かして活躍できるところがラグビーのよさの一つです。

    ▲フィールドはサッカーとほぼ同じ広さ。相手の陣地でプレーするほど有利になります。

    「ルールが難しい」という人も多いラグビー。本書の解説が、手引きになります。

     

    『ラグビー・アカデミー』第1巻 サッカー少年・ウッディの物語

    『ラグビー・アカデミー』第1巻の主人公はサッカー少年だったウッディ。父親の都合で、ラグビーの名門校であるボーダーランズ校に転校させられます。幼い頃見た試合で「ラグビーは怖いもの」と思いこんでいたウッディでしたが、寮のルームメイト、オーウェンとローリーに連れられてラグビーの練習に参加するうちに、ラグビーの楽しさに夢中になっていきます。

    ウッディはサッカーで培ったダッシュ力とキックが認められ、なんと代表選手のメンバー入り。ボーダーランズ校は、さまざまな試練を乗り越えながら全国大会に挑んでいきます。

    ちなみに、ラグビーは他競技からの転向者は珍しくありません。「五郎丸ポーズ」で有名な五郎丸歩選手もサッカーの経験者です。ウッディや五郎丸選手のように、他競技の経験が活きる機会が多いこともラグビーの特徴の一つです。

     

    『ラグビー・アカデミー』は第2巻も同時発売! イラストは日本版特別仕様!

    『ラグビー・アカデミー』の表紙・本文イラストを手掛けたのは「マリア探偵社」シリーズ(岩崎書店)など、児童書挿画で活躍中の大井知美さん。日本の子どもたちに親しまれるマンガ風のスピード感あふれるイラストになっています。

    第1巻と同時発売の第2巻は、ウッディのルームメイト・ローリーが主人公の物語! 正確無比なプレーを支える、並々ならぬ努力が描かれています。シリーズ完結編となる第3巻はラグビーワールドカップのトーナメントが佳境に入る10月に発売予定です。

    『ラグビー・アカデミー』がきっかけで、楕円球の魅力に気づくかも? ワールドカップとあわせて要注目です!

    ラグビー・アカデミー 1
    著者:トム・パーマー 根本美由紀 大井知美
    発売日:2019年07月
    発行所:岩崎書店
    価格:990円(税込)
    ISBNコード:9784265068913
    ラグビー・アカデミー 2
    著者:トム・パーマー 根本美由紀 大井知美
    発売日:2019年07月
    発行所:岩崎書店
    価格:990円(税込)
    ISBNコード:9784265068920




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る