• fluct

  • 香取慎吾主演×白石和彌監督「凪待ち」、東京新聞記者によるノンフィクションが原案の「新聞記者」ほか:今週公開の映画

    2019年06月28日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    6月28日公開「新聞記者」

    東京新聞記者・望月衣塑子さんの著書『新聞記者』を原案にした、サスペンス・エンタテインメント。政権の闇に迫ろうと奮闘する女性記者と若手エリート官僚とを中心に展開され、報道メディアと権力のあり方を観る者に問いかけます。

    東都新聞記者の記者・吉岡を演じるのはシム・ウンギョンさん。エリート官僚の杉原を松坂桃李さんが演じています。

    あらすじ
    東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。
    一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。
    真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。
    二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!
    現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会派エンタテインメント! あなたは、この映画を、信じられるか──?

    (映画「新聞記者」公式サイトより)

    原作はこちら

    新聞記者
    著者:望月衣塑子
    発売日:2017年10月
    発行所:KADOKAWA
    価格:864円(税込)
    ISBNコード:9784040821917

     

    6月28日公開「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

    2017年に公開された「スパイダーマン:ホームカミング」の続編。「アベンジャーズ/エンドゲーム」の後の世界を舞台に、高校生のピーター・パーカーが“真のヒーロー”となっていく姿を描きます。

    7月5日(金)には「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)にて「スパイダーマン:ホームカミング」が地上波初放送予定です! こちらも要チェック。

    あらすじ
    師であるアイアンマンことトニー・スタークから託された、ヒーローとしての責任。ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、悲しみを忘れ去る為、街の平和に努めていた。そしてようやく訪れた夏休み。ピーターは、大好きなMJ(ゼンデイヤ)、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)達と共に楽しみにしていたヨーロッパ旅行に出かける。
    この旅でMJに自分の気持ちを打ち明け、最高の夏休みにしたいと願うピーターを待っていたもの、それは元S.H.I.E.L.D長官のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だった。

    (映画「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」公式サイトより)

    関連本多数

    スパイダーマン大全 増補改訂版
    著者:マシュー・K・マニング トム・デファルコ 光岡三ツ子 富原まさ江
    発売日:2017年10月
    発行所:小学館集英社プロダクション
    価格:3,888円(税込)
    ISBNコード:9784796877060

     

    6月28日公開「今日も嫌がらせ弁当」

    人気ブログ「kaori(ttkk)の嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」を書籍化した『今日も嫌がらせ弁当 改訂版~ちょこっと“よろこばせ”~』を、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「アットホーム・ダッド」の塚本連平監督が映画化。

    母・持丸かおりを篠原涼子さん、次女・双葉を芳根京子さんが演じています。

    あらすじ
    シングルマザーのかおりは、自然と人情が豊かな八丈島で、次女の双葉と暮らしている。可愛い娘が高校生となり反抗期に突入、話しかけても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するが、やがてそのお弁当は、母から娘への大切なメッセージへと変わっていく。
    娘もまた「ウザい」とぼやきながらも、何かを受け取るように一口も残さず食べ続ける。

    (映画「今日も嫌がらせ弁当」公式サイトより)

    原作はこちら

    今日も嫌がらせ弁当 改訂版
    著者:ttkk
    発売日:2019年05月
    発行所:三才ブックス
    価格:1,200円(税込)
    ISBNコード:9784866731230

     

    6月28日公開「凪待ち」

    香取慎吾さんが、「孤狼の血」の白石和彌監督と初タッグ。ギャンブル、酒、喧嘩、借金、女……落ちぶれていくばかりで心が“凪ぐ”ことのない男の物語を描きます。

    脚本は、「クライマーズ・ハイ」「孤高のメス」などを手がけた加藤正人さん。4月に発売された小説『凪待ち』は、加藤さん自身が本作を小説化したものです。

    あらすじ
    毎日をふらふらと無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻に戻る決心をした。そこには、末期がんであるにも関わらず、石巻で漁師を続ける亜弓の父・勝美(吉澤健)がいた。亜弓の娘・美波(恒松祐里)は、母の発案で引っ越しを余儀なくされ不服を抱いている。
    美波を助手席に乗せ、高速道路を走る郁男に美波の声が響く。
    「結婚しようって言えばいいじゃん」
    半ばあきらめたように応える郁男。
    「言えないよ。仕事もしないで毎日ぶらぶらしてるだけのろくでなしだし…」
    実家では、近隣に住む小野寺(リリー・フランキー)が勝美の世話を焼いていた。人なつっこい小野寺は、郁男を飲み屋へ連れていく。そこで、ひどく酒に酔った村上(音尾琢真)という中学教師と出会う。村上は、亜弓の元夫で、美波の父だった。
    新しい暮らしが始まり、亜弓は美容院を開業し、郁男は印刷会社で働きだす。そんな折、郁男は、会社の同僚らの誘いで競輪のアドバイスをすることに。賭けてはいないもののノミ屋でのレースに興奮する郁男。
    ある日、美波は亜弓と衝突し家を飛び出す。その夜、戻らない美波を心配しパニックになる亜弓。落ち着かせようとする郁男を亜弓は激しく非難するのだった。
    「自分の子供じゃないから、そんな暢気なことが言えるのよ!」
    激しく捲くし立てる亜弓を車から降ろし、ひとりで探すよう突き放す郁男。
    だが、その夜遅く、亜弓は遺体となって戻ってきた。郁男と別れたあと、防波堤の工事現場で何者かに殺害されたのだった。

    (映画「凪待ち」公式サイトより)

    小説版はこちら

    凪待ち
    著者:加藤正人
    発売日:2019年04月
    発行所:キノブックス
    価格:1,836円(税込)
    ISBNコード:9784909689399

     

    6月28日公開「劇場版パタリロ!」

    シリーズ累計発行部数2500万部を超える人気漫画『パタリロ!』が、2016年の2.5次元ミュージカル化に続きついに映画化!

    パタリロを演じるのはもちろん加藤諒さん。奇想天外なストーリーに“舞台のアナログ感とVFXの融合”という要素が加わった本作は、新たな映画体験をもたらしてくれるかも。

    青木玄徳さん・佐奈宏紀さんが演じる「美少年キラー×美少年の耽美的純愛」も見どころです。

    あらすじ
    ロンドン、ヒースロー空港は、常春の国マリネラ王国の世にも美しい(という噂の)皇太子パタリロ・ド・マリネール8世(加藤諒)の到着を待つ人々で沸きかえっていた。やがて人々の期待を裏切るように、空港に突っ込む王室専用機。大爆発した炎の中から現れた少年、「あれは誰だ!?」――彼こそがパタリロなのである!! 挨拶代わりに側近のタマネギ部隊(21号:細貝圭、9号:金井成大、11号:石田隼、17号:吉本恒生)と1曲歌って踊ったパタリロの前に現れたのは、英国外務省のアイゼンバーグ(吉川純広)。ダイヤモンドの一大産出国であるマリネラ王国は、国王派と大臣派の激しい権力争いによって政情不安となり、皇太子であるパタリロにも危険が及ぶ可能性があるというのだ。しかし肝心の警備担当は姿を見せていなかった……。

    タマネギ部隊を引き連れてロンドンの街を観光するパタリロに迫る暗殺者の影。その危機を間一髪で救ったのは、MI6の諜報部員ジャック・バンコラン少佐(青木玄徳)だった。またの名を美少年キラー。その美しい男は目からレーザービームを飛ばし、見つめられた者は「ドキがムネムネ!?」して気絶してしまうという。やはり大臣派がパタリロの命を狙っているらしい。バンコランは(仕方なく)パタリロの警備担当になったのだった。

    そんなパタリロとバンコランの前に、謎の美少年マライヒ(佐奈宏紀)が現れる。マライヒはBBC放送の記者としてパタリロに密着(いやらしい意味ではなく)取材することになっていた。その時、バンコランとマライヒの視線が激しく交錯。2人は倒錯した純愛がはじまる予感に包まれるのだった。

    (映画「劇場版パタリロ!」公式サイトより)

    原作はこちら

    パタリロ! 1
    著者:魔夜峰央
    発売日:1994年09月
    発行所:白泉社
    価格:669円(税込)
    ISBNコード:9784592880714

     

    6月28日公開「ホットギミック ガールミーツボーイ」

    『5時から9時まで』の相原実貴さんによる少女漫画『ホットギミック』が、「おとぎ話みたい」「溺れるナイフ」の山戸結希監督によって実写映画化。

    10代ならではの危うくみずみずしい青春を、圧倒的な映像美で描き出しています。

    あらすじ
    都内のマンションに住む女子高生・成田初は、優しい兄・凌、元気な妹・茜と両親と、ごく普通の家庭で暮らしていた。ある日、茜に頼まれて内緒で購入した妊娠検査薬を、同じマンションに住む橘亮輝に知られてしまう。バラされたくなければ“奴隷”になれ、という条件を突き付けられ、その日を境に初は亮輝の無茶な命令に振り回されるようになる。そんな時、小学校の時に突然転校してしまった幼馴染・小田切梓がマンションに帰ってくる。今や人気雑誌モデルとして第一線で活躍する梓が、昔と変わらず自分を守ろうとしてくれるその姿に初は自然と心惹かれ、2人は遂に付き合うことに。幸福感に溶けてゆく初だったが、ある夜、彼の本当の目的を知ってしまう。

    (映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」公式サイトより)

    原作はこちら

    ホットギミック特装版BOX 1
    著者:相原実貴
    発売日:2019年03月
    発行所:小学館
    価格:2,592円(税込)
    ISBNコード:9784099430382

    ノベライズ発売中! 山戸結希監督特集の「ユリイカ」も

    小説ホットギミック
    著者:豊田美加 相原実貴 山戸結希
    発売日:2019年05月
    発行所:小学館
    価格:583円(税込)
    ISBNコード:9784094066364
    ユリイカ 07 2019(第51巻第12号)
    発売日:2019年06月
    発行所:青土社
    価格:1,512円(税込)
    ISBNコード:9784791703708

     

    6月28日公開「神と共に 第二章 因と縁」

    韓国の人気Web漫画を原作に、準備に約5年、撮影に約1年を費やして全2部作で制作された「神と共に」。“あの世”という異世界を舞台に繰り広げられる地獄めぐりを描いた作品です。

    あらすじ
    1000年間で48人を転生させた3人の使者は、あとひとり生まれ変わらせれば、彼ら自身も新しい生を得ることができる。冥界の使者カンニムがすべてを懸けて新たに弁護を務めるのは、消防士ジャホンの弟スホン(キム・ドンウク)。兵役中の誤射で命を落とし、怨霊となったスホンの“無念の死”を証明するのが彼のミッションだ。しかしスホンを連れて地獄めぐりを繰り広げるカンニム、閻魔大王の命を受けて下界に降りたヘウォンメクとドクチュンの行く手には、謎に包まれた彼らの“前世”が立ちはだかる。3人の使者を結びつけた1000年前の“因縁”それは、想像を絶するほど衝撃的なものだった。はたして3人はあまりにも残酷なその宿命を乗り越えられるのか――。

    (映画「神と共に 第二章 因と縁」公式サイトより)

    原作はこちら

    神と一緒に 1
    著者:三輪ヨシユキ ジュ・ホミン
    発売日:2012年07月
    発行所:スクウェア・エニックス
    価格:576円(税込)
    ISBNコード:9784757536784

     

    6月28日公開「ピアッシング」

    1994年に刊行された村上龍さんの小説『ピアッシング』が、ハリウッドで映画化。

    “殺人衝動をもつ男”と“自殺願望のある女”の一晩を描くサイコスリラーで、「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズのミア・ワシコウスカさんと、「ファースト・マン」のクリストファー・アボットさんが出演しています。

    あらすじ
    主人公は自分の幼い娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られる男。彼はその衝動を抑えるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。しかし計画は滑稽なほど思い通りにはいかない。ホテルにやってきた女は、いきなり自分自身を傷つけて倒れこんでしまう。これはリアルな悪夢なのか、シュールな現実なのか? 刃を外に向ける者と内に向ける者は、磁石のプラスとマイナスのように交わり、やがて共鳴していくのだろうか……。

    原作はこちら

    ピアッシング
    著者:村上龍
    発売日:1997年06月
    発行所:幻冬舎
    価格:453円(税込)
    ISBNコード:9784877284732

    ※関連記事※
    「殺人衝動の男」と「自殺願望の女」描くサイコスリラー 村上龍原作の映画「ピアッシング」6月に日本公開




    タグ
    Pocket

  • 広告用

    20190320
  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る