• fluct

  • 星野源「ふたりきりで話そう」待望のムック第2弾!本誌未収録分も再現されたノーカット版【7/31発売】

    2019年06月25日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    星野源さんがさまざまなゲストを迎え、“2人きり”で話した内容をまとめたムック「星野源 ふたりきりで話そう」が、7月31日(水)に朝日新聞出版から発売されることになりました。

    「星野源 ふたりきりで話そう」は、昨年6月に発売された「星野源 音楽の話をしよう」に続く第2弾。

    この2冊は週刊誌「AERA」で2016年4月から2018年3月まで連載された対談企画「ふたりきりで話そう」をまとめたもので、「音楽の話をしよう」は前半1年分、今作「ふたりきりで話そう」には後半1年分が収録されています。

    ▼昨年発売された「星野源 音楽の話をしよう」

    星野源音楽の話をしよう
    著者:星野源
    発売日:2018年06月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784022792013

    この対談企画は、マネージャーやカメラマンはもちろん、スタッフを誰も入れずに正真正銘「2人きり」で話しているところがポイント。ムックでは、ほかに誰もいない密室でICレコーダーだけが聞いていたゲストとの“雑談”が、連載ではカットされた部分も含めて再現されています。

    スタッフを誰も入れないという斬新なコンセプトは、星野源さん自らの思いから生まれたもの。

    「対談の取材だっていう気持ちになると、仕事のスイッチがひとつ入っちゃう。スタッフもだれもいなくて、本当にふたりきりでゲストの方と話してみたい」

    私服でふらっとやってきて、お茶を飲みながらボソボソしゃべり、ゲラゲラ笑って帰っていく。そこに添えられるのは、星野さんとゲストが撮り合ったインスタント写真。

    エッセイやラジオともまた違う、星野源さんとゲストの“素の関係性”が垣間見える内容です。

    星野源ふたりきりで話そう
    発売日:2019年07月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784022792334

    登場ゲスト(敬称略、掲載順)
    MIKIKO/日村勇紀/香取慎吾/石田ゆり子/友近/山岸聖太/渡辺直美/吉田ユニ/坂口健太郎/三浦大知/中村七之助

    ・発売日:2019年7月31日(水)
    ・定価:1,000円+税
    ・発行所:朝日新聞出版
    ・仕様:オールカラー、132ページ、A4変形

     

    ムック第1弾「星野源 音楽の話をしよう」

    星野源音楽の話をしよう
    著者:星野源
    発売日:2018年06月
    発行所:朝日新聞出版
    価格:1,080円(税込)
    ISBNコード:9784022792013

    登場ゲスト(敬称略、掲載順)
    細野晴臣/設楽統/吉野寿/神前暁/生田斗真/バカリズム/宮野真守/有村架純/古田新太/ディーン・フジオカ/野木亜紀子/小林直己

     

    関連記事

    星野源エッセイ『いのちの車窓から』異例の12万部で出版!カバーデザインはすしお×吉田ユニ

    星野源に想いを馳せながら――「働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。」




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る