• fluct

  • 映画紹介漫画おすすめ7選 おもしろい映画は漫画が教えてくれる!

    2019年07月01日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 芝原
    Pocket

    映画紹介漫画おすすめ7選

    近年、映画を題材にした漫画が相次いで刊行されています。

    映画を題材にしているといっても、映画を“撮る”ことをテーマにした作品ではありません。登場人物たちが実在する映画の魅力について“語る”ことがテーマの「映画紹介漫画」です。

    “映画語り”というと、熱心な映画ファンしかわからないマニアックな内容を想像するかもしれません。しかし、これらの映画紹介漫画では、登場人物たちがおすすめ映画を愛情たっぷりに、とてもわかりやすく解説してくれます。普段あまり映画を見ない人でも、紹介されている映画を思わず見たくなること間違いなしです。

    また、作品の主人公は、OL、女子大生、女子高生、映研部員、レンタルビデオ店のアルバイトなどさまざま。恋愛展開や百合展開もあり、映画紹介と一緒に主人公たちの人間模様も楽しむことができます。

    今回はそんな映画紹介漫画から、おすすめの7作品を選びました。何かおもしろい映画を探している方はぜひチェックしてみてください!

     

    『木根さんの1人でキネマ』

    木根さんの1人でキネマ 1
    著者:アサイ
    発売日:2015年12月
    発行所:白泉社
    価格:648円(税込)
    ISBNコード:9784592141679

    30ン歳独身OL・木根さんの趣味は1人で映画を観ることと感想ブログ。映画愛がこもりすぎててこじらせちゃってる木根さんの生き様(笑)をみよ!ターミネーター、スター・ウォーズ、バッドボーイズ2バッド…、濃いラインナップ揃ってます♪

    (白泉社公式サイト『木根さんの1人でキネマ(1)』より)

    【『木根さんの1人でキネマ』の試し読みはこちらから】

     

    『シネマこんぷれっくす!』

    シネマこんぷれっくす! 1
    著者:ビリー
    発売日:2017年12月
    発行所:KADOKAWA
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784040725338

    映画オタクってめんどくせぇ!!!こじらせ映研部員たちのドタバタ映画議論コメディ!
    映画大好きな少年・熱川鰐人は、高校デビューで映画に出てくるような熱い青春を送ることを決意する。…のだが、学園一の変人が集まる映研(通称:死ね部)のトラップに引っ掛かり、入部させられてしまう。
    残念美人な映研の先輩たちにより繰り広げられる字幕派吹替派論争やB級映画議論など、映画好きあるある満載!

    (KADOKAWA公式サイト『シネマこんぷれっくす!(1)』より)

    【『シネマこんぷれっくす!』の試し読みはこちらから】

     

    『おやすみシェヘラザード』

    おやすみシェヘラザード 1
    著者:篠房六郎
    発売日:2018年07月
    発行所:小学館
    価格:680円(税込)
    ISBNコード:9784098600908

    もはやカテゴライズ不可能!! 誰も見たことの無い映画レビューチャレンジ寝落ちバトル百合エロ漫画スタート!!

    世界的大ヒット映画から隠れた名作まで、古今東西あらゆる映画を超絶美女お姉さんが怒濤のレビューしてくれるけど説明がヘタすぎてよくわからない!女子寮の後輩である主人公は最後まで寝落ちせずに耐えられるか!?

    映画レビュー漫画界に革命起こす、稀代のニューヒロイン爆誕の場にお立ち会い願います!!

    (小学館公式サイト『おやすみシェヘラザード(1)』より)

    【『おやすみシェヘラザード』の試し読みはこちらから】

     

    『水曜日のシネマ』

    水曜日のシネマ 1
    著者:野原多央
    発売日:2018年09月
    発行所:講談社
    価格:680円(税込)
    ISBNコード:9784065128824

    初めての一人暮らし、初めてのアルバイト、初めての恋愛――。映画をあまり知らないままレンタルビデオ店でのバイトを始めた大学1年生の藤田奈緒(18歳)は、店長の奥田一平(42歳)から毎週水曜日におすすめの作品を教えてもらうことになった。一緒に観ていくうちに、徐々に縮まる心の距離。彼が教えてくれたのは映画鑑賞のおもしろさと初めての恋。

    (講談社コミックプラス『水曜日のシネマ(1)』より)

    【『水曜日のシネマ』の試し読みはこちらから】

     

    『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん』

    邦画プレゼン女子高生邦キチ!映子さん
    著者:服部昇大
    発売日:2018年08月
    発行所:ホーム社(千代田区)
    価格:810円(税込)
    ISBNコード:9784834284874

    天然系女子高生が放つ、邦画プレゼンという名の暴力──!!
    邦画が好きで好きで、人に薦めずにはいられない!! そんな少々ハタ迷惑な性分の女子高生・邦キチこと邦吉映子が、この度「映画について語る若人の部」に晴れて入部!! 唯一の部員として部長の洋一を相手に、少々マニアックな邦画(一部例外アリ)をひたすらにプレゼン! プレゼン!! プレゼン!!! その視点、その愛情、その圧力。全てにおいて規格外!! 本邦初の邦画プレゼン漫画、誕生!!

    (集英社SMANGA『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん』より)

    【『邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん』の試し読みはこちらから】

     

    『怒りのロードショー』

    怒りのロードショー
    著者:マクレーン
    発売日:2017年01月
    発行所:KADOKAWA
    価格:734円(税込)
    ISBNコード:9784047343658

    「『コマンドー』と『ターミネーター』だけじゃシュワ愛が足りてねぇよ!」
    「ゾンビは歩いてこそゾンビだな」
    「スピルバーグの宇宙戦争は傑作だ!」
    「部屋で『ロッキー2』を見てたら走りたくなったんだ!」
    「『映画スイートプリキュア』は人気すぎてレンタルするのに2年も待った」

    くだらない、タメにならない、映画愛にだけはあふれたムダ話の数々。
    これが映画バカの青春だ!!

    (KADOKAWA公式サイト『怒りのロードショー(1)』より)

    【『怒りのロードショー』の試し読みはこちらから】

     

    『私と彼女のお泊まり映画』

    私と彼女のお泊まり映画 1
    著者:安田剛助
    発売日:2016年12月
    発行所:新潮社
    価格:562円(税込)
    ISBNコード:9784107719362

    女子大生の佐藤小春と黒澤麻由美は、毎週末「お泊まりの映画鑑賞会」を開催中。さて、今週はふたりでどんな映画を観るのやら……。収録映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「インサイド・ヘッド」「呪怨 劇場版」「プリティ・ウーマン」「グランド・イリュージョン」「ムトゥ 踊るマハラジャ」「トレマーズ」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」「ドーン・オブ・ザ・デッド」「幸せのレシピ」。

    (新潮社公式サイト『私と彼女のお泊まり映画(1)』より)

    ***

    以上、映画紹介漫画のおすすめ7作品でした。

    映画紹介漫画は、映画にあまりくわしくない方にはおもしろい映画を探す際の参考になり、紹介作品をほとんど観ているような映画好きの方には映画について熱く語る楽しさを疑似体験させてくれます。どちらにせよ、漫画を読んでいるうちから映画を観たくてウズウズしてしまうことでしょう。

    近年レンタルに加え、定額制動画配信サービスも登場し、新旧の映画を見たい時に気軽に鑑賞できる環境が整ってきています。漫画に登場している映画をすぐに見られる環境が、これらの映画紹介漫画の人気を後押ししているのかもしれません。

    映画好きも漫画好きも両方好きな人も、ぜひ手に取ってみてください!




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る