• fluct

  • もし戦国時代にスマホがあったら…武将が「Yahoo!知恵袋」や「LINE」をフル活用!?

    2019年06月18日
    楽しむ
    日販 ほんのひきだし編集部 川下
    Pocket

    歴史上の偉人と「現代あるある」をミックスした“歴史パロディ画像”が、Twitterで大人気のスエヒロさん。ユーモア溢れる秀逸なツイートが支持され、フォロワー数は10万人を超えています。

    ▼スエヒロさん(@numrock)のTwitterアカウント

     

    人気の歴史パロディ画像が一冊の本に!

    6月18日(火)、スエヒロさんによる『インスタ映えする戦国時代』が発売されました。

    インスタ映えする戦国時代
    著者:スエヒロ
    発売日:2019年06月
    発行所:大和書房
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784479393252

    本書は「もしも戦国時代にスマートフォンが存在したら?」という観点から歴史的大事件を捉えたもの。

    “笑いながら歴史が学べる”という触れ込みですが、一体どのような内容なのでしょうか?

     

    「桶狭間の戦い」の奇策は信長のLINEにあり!?

    織田信長が仮にLINEを使っていたら、「桶狭間の戦い」前に誰にどんなメッセージを送っていたのか?

    そんな妄想を具現化した画面がこちらです。

    1560年の「桶狭間の戦い」といえば、大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元を、圧倒的劣勢の信長が「豪雨」に乗じて奇襲し破ったとされる戦いです。

    画面を見ると、一番上の「桶狭間グループ」にはまさに今から奇襲を仕掛けようとしている信長のメッセージが。

    さらに、その下のトークルームをよくご覧ください。

    「IKUSAお天気」というアカウントから豪雨の予報が届いていたり、「木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)」から敵に関する連絡が届いていたりと、奇襲に至るまでの経緯がわかるようになっています。

    歴史をおもしろおかしく現代風にアレンジしながら、事件の背景もしっかり反映しているのが本書の魅力。

     

    歴史上の偉人がスマホを駆使すると……「調整さん」も登場

    本書にはほかにも、遊び心たっぷりな歴史パロディがたっぷり収録されています。「Facebook」「Instagram」といったSNS、さらには「Yahoo!知恵袋」「調整さん」などおなじみのサイトが登場。

    ▼豊臣秀吉は清洲会議の結果をFacebookで報告

    ▼本能寺の変をYahoo!知恵袋で相談する明智光秀

    ▼関ヶ原の戦いの予定は調整さんで相談

    絶妙な「あるあるネタ」とともに歴史的知識が学べる『インスタ映えする戦国時代』。

    変わった切り口の本書ですが、人物紹介が豊富で、知られざる武将たちの真実も満載です。

    戦国時代を通史で読めるため、歴史好きの人はもちろん、あまり詳しくない人でも楽しめる一冊になっています。ぜひ読んでみてください!

    インスタ映えする戦国時代
    著者:スエヒロ
    発売日:2019年06月
    発行所:大和書房
    価格:1,100円(税込)
    ISBNコード:9784479393252

    【目次】
    第1章 SNS戦国時代の幕開け
    1543年 火縄銃の食べログ風レビュー
    1549年 フランシスコ・ザビエルのインスタ ほか

    第2章 インフルエンサー織田信長の時代
    1568年 織田信長の「上洛」案内アプリ
    1568年 関所廃止のお知らせメール配信 ほか

    第3章 天下統一の時代 @hide-yossy
    1588年 刀狩りの漫画風バナー広告
    1591年 秀吉から千利休への長文ツイッター DM ほか

    第4章 太平の世が始まる
    1600年 小早川秀秋がワードでしたためる始末書
    1600年 秀忠の遅参アメブロ ほか




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る