• fluct

  • サラリーマンの定年後に通じる時代小説:文芸編集者が選ぶ「10連休読むならこれしかない!」vol.4

    2019年04月29日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    史上初のゴールデンウィーク10連休。

    ほんのひきだしでは「10連休読むならこれしかない!」と題し、さまざまな出版社の文芸編集者に「10連休に読むなら?」というテーマでおすすめ本を選んでいただきました。

    今回本をご紹介いただくのは、KADOKAWA 文芸局 文芸図書編集部の山田剛史さんです。

     

    西條奈加の『隠居すごろく』がすごい! サラリーマンの定年後に通じる時代小説

    33年間ひたすら働き続け、還暦を機に引退したご隠居。だがいざ好きなことをやろうとしても、したいことがない。長年口もきかずに過ごしてきた妻ともギクシャクし、息子ともうまくいかない……。

    どこかで聞いたような話ではありませんか?

    そう、団塊の世代をはじめ、猛烈に働いてきた人々に共通する問題が、この作品には描かれています。

    舞台は江戸後期の巣鴨。6代続く糸問屋・嶋屋の主人として働きづめに働き、質素倹約を貫いてきた徳兵衛が隠居するところから、物語は始まります。当初こそ、釣りや俳句に精を出そうとするものの、商売以外を小馬鹿にしてきた徳兵衛には耐えられません。そんなとき、孫の千代太がやっかいごとを持ちかけてきたことで、転機が訪れます。心優しい千代太の人々への接し方をみて、徳兵衛は徐々に心を動かされていきます――。

    ここから先は、ぜひ本を手にとって読んでいただきたいのですが、時代小説でありながら、現代に通ずるテーマを、この小説は持っているのです。しかも文章によどみがなく、ときに笑って、ときに胸を打つ描写にあふれています。編集者としても、そのうまさに唸りながら読みました。

    人生80年時代を生きる我々にとって、仕事以外のやりがいは大きな課題でもあります。

    本当に大事なものとは何なのか? ぜひその答えをこの作品で見つけていただければと思います。

    隠居すごろく
    著者:西條奈加
    発売日:2019年03月
    発行所:KADOKAWA
    価格:1,728円(税込)
    ISBNコード:9784041067550

    内容紹介
    巣鴨で六代続く糸問屋の嶋屋。店主の徳兵衛は、三十三年の働きに終止符を打ち、還暦を機に隠居生活に入った。人生を双六にたとえれば、隠居は「上がり」のようなもの。だがそのはずが、孫の千代太が隠居家に訪れたことで、予想外に忙しい日々が始まった! 千代太が連れてくる数々の「厄介事」に、徳兵衛はてんてこまいの日々を送るが、思いのほか充実している自分を発見する……。果たして「第二の双六」の上がりとは?

    (KADOKAWA公式サイトより)

    次回は【河出書房新社 編集部 吉田久恭さん】のおすすめ本です!

    Vol.5を読む




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る