• fluct

  • 変身すると緒方恵美から菅田将暉に!?吹替版声優の豪華さも話題:「シャザム!」ほか今週公開の映画①

    2019年04月19日
    楽しむ
    ほんのひきだし編集部
    Pocket

    ◆◆◆ 本・コミックが原作の映画公開情報や、映画の関連本をまとめて紹介しています ◆◆◆

    4月19日公開「シャザム!」

    思春期の子どもが、内面そのまま大人の(しかも超強い)身体を手に入れたら……!? シャザム(SHAZAM)という名前は「ソロモン(Solomon)の知恵」「ヘラクレス(Hercules)の剛力」「アトラス(Atlas)のスタミナ」「ゼウス(Zeus)の万能」「アキレス(Achilles)の勇気」「マーキュリー(Mercury)の神速」の頭文字を取ったもので、「神レベルに強い」という意味が込められているのだそうです。

    吹替版では少年・ビリーの声を緒方恵美さん、変身後のシャザムを菅田将暉さんが担当。そのギャップも見どころです。

    あらすじ
    身寄りのない思春期ど真ん中の子供、ビリー。ある日突然、彼は魔術師からスーパーパワーをゲット!
    「シャザム!」それは、最強でサイコーな魔法の言葉! これを唱えれば、筋肉ムッキムキ! 稲妻バッキバッキ! のスーパーヒーローに変身できるのだ! ヒーローオタクのフレディといっしょに、悪ノリ全開! 止まらない! そんなスーパーパワー絶賛ムダづかい中のビリーの前に、科学者Dr.シヴァナが現れる。
    手に入れたスーパーパワーのために、フレディがさらわれてしまう…
    ビリーはついにヒーローとして目覚める!

    (映画「シャザム!」公式サイトより)

    原作はこちら

    シャザム!:魔法の守護者
    著者:ジェフ・ジョーンズ ゲーリー・フランク 中沢俊介 内藤真代
    発売日:2015年02月
    発行所:小学館集英社プロダクション
    価格:2,160円(税込)
    ISBNコード:9784796875349

     

    4月19日公開「愛がなんだ」

    直木賞作家・角田光代さんの小説『愛がなんだ』を、「サッドティー」「パンとバスと2度目のハツコイ」の今泉力哉監督が映画化。

    今泉監督については、伊坂幸太郎さん原作・三浦春馬さん主演の映画「アイネクライネナハトムジーク」が今秋公開予定です。

    あらすじ
    猫背でひょろひょろのマモちゃんに出会い、恋に落ちた。その時から、テルコの世界はマモちゃん一色に染まり始める。会社の電話はとらないのに、マモちゃんからの着信には秒速で対応、呼び出されると残業もせずにさっさと退社。友達の助言も聞き流し、どこにいようと電話一本で駆け付け(あくまでさりげなく)、平日デートに誘われれば余裕で会社をぶっちぎり、クビ寸前。大好きだし、超幸せ。マモちゃん優しいし。だけど。マモちゃんは、テルコのことが好きじゃない……。

    (映画「愛がなんだ」公式サイトより)

    原作はこちら

    愛がなんだ
    著者:角田光代
    発売日:2006年02月
    発行所:角川書店
    価格:562円(税込)
    ISBNコード:9784043726042

     

    4月19日公開「アガサ・クリスティー ねじれた家」

    アガサ・クリスティー自ら「最高傑作」と語ったミステリー小説が、70年の時を経て初めて映画化。

    主演は「天才作家の妻 ―40年目の真実―」でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたグレン・クローズです。

    あらすじ
    〈伝説的人物〉の突然の死に、英国中が驚いた。アリスティド・レオニデス、ギリシャで生まれ、若い頃に無一文で英国へ渡り、レストラン経営で大成功を収め、巨万の富を築いた人物だ。
    その孫娘であるソフィア(ステファニー・マティーニ)が、かつての恋人のチャールズ(マックス・アイアンズ)が営む探偵事務所に現れる。一族の誰かが祖父を殺したにちがいないと打ち明ける彼女は、チャールズに捜査を依頼するのだった。ロンドン警視庁を訪れたチャールズは、タヴァナー主任警部(テレンス・スタンプ)から、レオニデスの死因は毒殺だと知らされる。
    大豪邸に到着したチャールズを迎えたのは、レオニデスの前妻の姉イーディス(グレン・クローズ)だった。彼女を筆頭に聞き込みを始めるが、強烈な個性を放つ人々を相手に、捜査は一向に進まない。しかも、愛人のいるらしい若い後妻から、破産・倒産寸前の二人の息子とその妻に至るまで、全員に殺害の動機があった。
    そんな中、レオニデスの遺言書が無効であることが発覚したことから、チャールズは真相が見えたと確信する。ところが、その推理を覆す第2の殺人が起きる――。

    (映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」公式サイトより)

    原作はこちら

    ねじれた家
    著者:アガサ・クリスティ 田村隆一
    発売日:2004年06月
    発行所:早川書房
    価格:907円(税込)
    ISBNコード:9784151300875

     

    4月19日公開「キングダム」

    累計発行部数3,800万部超を誇る大ヒット歴史漫画『キングダム』が、20日間にわたる中国ロケを含め壮大なスケールで実写映画化。

    戦国七雄が覇を競い、500年にもわたって戦いを繰り広げた春秋戦国時代。原作も目下連載中のなか、物語はどんな結末を迎えるのでしょうか?

    あらすじ
    紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。
    戦災孤児の少年の信(山﨑賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君(髙嶋政宏)によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。
    王宮では王の弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。
    「お前に頼みたいことがある」
    血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。
    「今すぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる……。信! 俺を天下に連れて行ってくれ……」
    力尽きる漂。泣き叫ぶ信。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。

    (映画「キングダム」公式サイトより)

    原作はこちら

    発売日:年月
    発行所:
    価格:円(税込)
    ISBNコード:9784088770796

    ノベライズ発売中!

    キングダム映画ノベライズ
    著者:原泰久 藤原健市
    発売日:2019年04月
    発行所:集英社
    価格:670円(税込)
    ISBNコード:9784086313001
    キングダム
    著者:原泰久 松田朱夏
    発売日:2019年04月
    発行所:集英社
    価格:756円(税込)
    ISBNコード:9784083214981




    タグ
    Pocket

  • GoogleAd:SP記事下

  • GoogleAd:007

  • ページの先頭に戻る